Light leakage

2017年より開始した、LOMO LC-Aでの『光漏れ』シリーズ作です。
安価なカメラを使うことが多いため、撮影途中にカメラの裏蓋が空いて、フィルムに光が当たってしまったことがあります。
真っ白になる部分もありますが、像が残る部分もあります。一部が黄色や赤に染まるのですが、これはこれで面白いなーと思っていました。
そこで、自らフィルムを光漏れさせようと思い付き、撮影済みのフィルムを暗い場所で全部引っ張り出し、光を当てながら少しずつ巻き取りました。
当然、光を当て過ぎると真っ白になります。目に見えない光を調整することは難しいです。
まだまだ実験段階ですが、フィルムの穴(パーフォレーション)が写り込んだりと、偶然が描く光の奇跡に出会えることもあります。