どこにピントを合わせるか?


000625890010

桜之宮公園にて、桜と電車。

この構図ってピント合わせ迷いますよね。手前の桜? 奥の桜? 電車?
デジタルならとりあえず全部に合わせて撮ってますが、フィルムなら僕は奥の桜が多いです。

ブローニなので12枚しか撮れないから、ここでの撮影は一枚だけ。貧乏性ですかね。
でもそれだけ慎重になるからか、ほんの12枚なのにデジタルで100枚撮るよりもいい写真が多かったりします。

フィルムをやめられないのは、こういう部分もありますね。
フィルムは打率がいい。

 

 

Continue Reading

無料と有料の違い


000427480005
無料でいろんなものが手に入る時代、という訳ではないのですが、そう思ってしまう時代ですよね。ネットで調べたらたいていのことは分かります。
ここ数年は「教える」という仕事がかなり多いのですが、かといってブログやコラムでも出し惜しみはしていません。写真の知識や撮り方などもバーンと全部書いています。この続きは教室で…みたいなことはやってません。

個人レッスンでは無料の体験レッスンもやっていますが、内容は有料と大差はありません。9割くらいはそのまま有料のレッスンを受けて頂いています。コレより先を知りたければ有料になります…なんてことも言いません(笑)。
ただ、無料のレッスンの1時間程度で写真を全部教えるのは不可能なので、結局は『先を知りたければ…』みたいなものかもしれませんが(笑)。いずれにせよ出し惜しみするなんてことはありません。

なぜかというと、文字だけで見るのと、実際に対面で伝えるのとは雲泥の差があるからです。無料に価値がないのではなくって、有料にさらに大きな価値があると思っています。
これは学ぶ方の心構えも全く違います。お金を払っているんだから頑張る、となります。
習い事すべてに共通していることですが、その場で分からない部分も聞けます。教える側としても、「あ、ここが分からないんだな」って思ったら、そこを重点的に話したり出来ます。


_DSC7441
物事を知るにはA→B→Cという順序があります。Cを知りたいのなら、ABは必要です。
ABCを知らずにDやFが出来ないという方も多いのですが、ABCと順番に教えていくとDがすんなり頭に入ります。
そういうピンポイントな悩みはネットには載っていませんからね。
Dを調べようとしても、専門用語まみれで混乱してしまいます。何より、書いていることもみんなバラバラです。

_DSC4139
人の悩みを解決出来ることは、僕としてもとっても嬉しいです。全員に100%満足して貰うことは難しいけど、そう出来るように努力はしています。だから、どんな些細なことでも、どれだけ初歩的なことでも、何度でも聞いて貰える方が嬉しかったりします。レッスン後はメールで質問に答えたりと、アフターフォローもやっています。

写真は覚えていくほど、出来ることが増えて行くほど、どんどん面白くなります。外に出て行くことも増えるので、前向きになれることもあります。そんな楽しさも伝えたいです。

 

 

カメラの個人レッスン

deziko

toylesson

Continue Reading

晴れたり曇ったりでフィルムを選んだり


0002754700099

大寒波きましたね。暑いのは大丈夫だけど、寒いのは苦手。それでも雪が積もった日にはテンション高らかに寒さも忘れて撮影したことが何度かあります。

とはいえ、一番テンションあがるのは春ですよね。青空の下の菜の花や桜を見るとウズウズします。
天気が悪い時は、悪さを隠せるようなフィルムをチョイスします。
この撮影の時は曇っていたので、今は無きタングステンフィルムを使用。デジカメのホワイトバランスでいう電球マークと同じ効果ですね。全体がブルーになります。コダックのリバーサルフィルムみたいに復活を熱望するフィルムですね。

ちなみに、数時間撮影している内にどんどん晴れてきたので、AGFA ULTRA100を使用。派手に撮れるフィルムで、同じく復活を熱望しています。

000274670018

 

カメラの個人レッスン

toylesson

 

Continue Reading

いつかのコスモス


0005395500120

忙しい日々から少しだけ解放。今週もやることはたくさん残っているけど、とりあえず自分のペースで出来る。
てことで、まぁ今年はまだプライベートでは写真をあまり撮っていません。

撮らない日々が続くと、ストレスがたまり、体調が悪くなるようです。
寒いけど、健康の為に撮りにいかなくては。

 


 

Continue Reading

『写真が上達したなー』と思える写真


000557730004

あくまで自分の中では、ですが。
特に構図に奇をてらったりもせず、被写体にこだわらず、そこの光と空気感だけをおさめる。昔の写真にはこういうのがなかったんですよね。人とは違う目線、視点、色にもこだわっていましたから。

いつかトイラボさんのコラムでも『正面から撮ると良い』と書きましたが、こういう写真が自然と増えてきたなぁって。

で、「あ、上達したかも」って。

撮り続けている限り誰だって上達はしていきますよね。ただ、それはやり始めた頃よりも緩やかになっていく。
だから、いろんな撮り方をして、カメラやフィルムを使って、勉強したり、失敗したり、実験したり、比べたり、工夫する。
それが全部肥やしになって、いろんな写真が撮れるようになって、自分だけの世界観がより構築されていくものだと思っています。

やっぱりどんなことでも上手くなるのは時間がかかりますよね。
もっともっと、一途にやっていかなくちゃなぁ。


 

Continue Reading

『フィルムカメラ教室外伝(全4回)』募集開始


000544240001

『フィルムカメラ教室外伝(全四回)』

昨日に続いて教室の告知です。2017年1月スタート。大阪にて第3日曜に開催。大阪開催ばかりですが、関東方面でのワークショップも企画中です。
時間は13時〜16時と少し長め、講座と撮影会がセットのワークショップのような教室です。これまでの教室とはちょっと違うくくりなので、外伝に(笑)。フィルム別の発色の違いや多重露光の基礎から学びたい方はコチラの教室に。

□ 内容
フィルムカメラの基礎はそこそこ知っているけど、もっといろいろ極めていきたい!いろんな写真が撮れるようになりたい!という方の為の教室です。全4回、あえて作風の違った写真を撮ることで写真の知識を深めます
講座の内容は、その日によって好きな色や雰囲気で撮れる日があるかもしれませんが、逆にあまり好きでない日もあるかもしれません。
ですが、写真って食わず嫌いなこともあって、撮ってみると意外と好きになるかもしれません。そうやっていろんな雰囲気で撮ることで、新しい視点を見つけて写真の幅を広めていく教室です。
*毎回フィルムを1本プレゼントします!
*撮影場所までの移動時間もありますので、終了が16時を少し過ぎることもあります

□ 講座の会場
淀屋橋の貸し教室・ボダイジュカフェ(扇町)など。
*撮影場所によって変動します(神戸〜大阪市内〜堺市など)

□ 時間
13時〜16時

□ 料金
5,000円(税込み)
全4回 20,000円(5,000円×4回)
お支払いは2ヶ月ごとも可。10,000円×2回 (1/15と3/19)

* 毎回、その日に使用するフィルムを1本プレゼント
* 交通費、カメラとフィルムの購入費、現像代は実費
* レンタルカメラ無料
* 少人数の教室のため、欠席の際のご返金はございませんが、別日の講座終了後や撮影会の際に授業の内容の簡単なご説明、フィルムをお渡しいたします。

0005464700290

□日程 (一部、内容が変更になる可能性もあります)
1/15(日) いつもの視点を捨ててみる
2/19(日) 色を壊してみる
3/19(日)    多重露光を極める
4/16(日)    ゆるふわに撮る

* 内容は予定の為、変更の可能性あります。
* 撮影会は雨天決行ですが、大雨などの際は振り替え(またはご返金)になる可能性もあります。
* 募集人数に達しない時は、開講を見送ることもあります。

お申込み、お問い合わせは以下の『お申込みページ』よりお願いします。


onomiti

 

1、お申込み後、数分以内に自動でメールが届きます。
2、1〜2日以内にこちらから講座場所などを含め、折り返しメールを致します。
*届かない際は、PCからのメールを拒否設定されているか、迷惑メールに振り分けられている可能性があります。
「返信来ないよー」と言う方は、こちらにコメント頂くか、Facebookからのメッセージでお願いします。
* 募集人数(3名〜)に達しない時は、開講を見送ることもあります。ご了承下さい。

gaiden


 

Continue Reading

都会の中の薔薇園


000534280010

中之島バラ園。ワークショップや教室の撮影会で訪れる機会が増えました。
いろんな種類が咲いていて、なかなかキレイ。

都会の中の自然って、大阪は少ないですからね。
そんな都会感を出す為に、あえてビルも入れて撮影。

靭(うつぼ)公園もバラがキレイだけど、ここから歩いてもいける距離(15分くらいかかるけど)。

バラもいいけど、コスモスも咲かせて欲しいな。

 


 

Continue Reading

フィルムの紹介−02『Rollei Chrome CR 200 Pro』


000349410030
WSで使用するフィルムの紹介、第二回はローライのリバーサルフィルムです。
このブログでも何度も紹介していますね。
現在販売されているフィルムの中では一番のお気に入りです。
(昨年から使いまくってきたので、若干飽きてきてはいますが)

簡単に説明すると、「明るく撮ればふんわり、普通に撮ればノスタルジー」。個体差があるのか露出の加減か、安定性には欠けますが好きなフィルムです。

 

□ 11月5日「横浜WSあと3名
□ 11月6日「横浜WS」あと6名
http://amaki15.com/blog/?p=7543

 

cr200pro

 

Continue Reading

フィルムの紹介−01『X-Tungsten64』


000522550003

大阪&横浜でのワークショップは、フィルムをくじ引きで選びます。
大阪と横浜で準備するフィルムも少しだけ変わりますが、開催までにその一部を紹介していこうかなと思います。

まずは共通しての当たり枠。今は無きタングステンフィルムです。
もう売っていないし、オークションでも見かけません。あったとしてもかなりの期限切れ。

タングステンフィルムとは、電球下での商品撮影でも色バランスが崩れないようにされているフィルムです。これを野外で使うと全体が青〜水色になります。
これがまた、晴れでも曇りでも雨でも雰囲気は抜群なんです。

WS当日はかつてロモグラフィーから販売されていた、「X-Tungsten64」を持って行きます。
ロモはクロスプロセス現像も推奨していましたが、水色に染まるリバーサル現像が断然いいですね。
クロスしたらたいてい紫になっちゃいますから。

フィルムにハズレがあるわけではないですが、これは天候に関係なく使えるし、もう手に入らないので当たりかな。

 

□ 10月16日「大阪WS」キャンセル待ち
http://amaki15.com/blog/?p=7308

□ 11月5日「横浜WS」あと5名
□ 11月6日「横浜WS」あと6名
http://amaki15.com/blog/?p=7543

 

xtungsten

 

Continue Reading

モノクロ通天閣


000511200012

久しぶりにモノクロで撮ってみた。
やはり、なかなか面白いではないか。

000511200011

モノクロの暗室用品は我が家にあるけど、使ったことがない。
カラーフィルムがなくなっても、モノクロは残るだろうし、なんて考えで手付かず。

もっと余裕が出て来たら試していきたいなーとは思っている。
今は撮りたい世界観がある。そこから広げつつもいろいろ試している。

モノクロにもいつか辿り着く。きっと、ドはまりするだろう。
光の捉え方の勉強にはなるろうから、それまでにもたまには使ってみようかな。

000511200010


 

Continue Reading
1 2 3 5