あなたは昨年フィルムを何本使いましたか?


011
「毎日写真を撮っているんですか?」と、聞かれることがあります。でも正直、毎日は撮っていません。
フィルムとなると週に1〜2回、なんてこともあります。外出する時は鞄には絶対入れていますが、撮らないまま帰宅なんてこともあります。
デジタルは家で子供撮ることがあるので、ひっくるめるとほぼほぼ毎日撮ってはいるかもしれませんけどね。

 

一年のはじまりに、「昨年はフィルムを何本撮ったのか?」などを計算しています。ついでに撮った写真全てを見直して、月ごとのベストも選んでいます。

前置きが長くなりましたが、その結果をトイラボさんHPで連載中の新年一発目コラムとしてまとめました。
どのカメラで何本か、現像種など、2013年からのデータと照らし合わせながら紹介しています。フィルムをはじめた頃は年間で300本くらいは撮っていましたが、ちゃんと仕事になってからは減っちゃいましたね。

コラムの最後には横浜WSでの参加者の写真も掲載させて頂きました。

 

トイカメラの教科書第59回「2016年月別セレクション

 

 

Continue Reading

晴れたり曇ったりでフィルムを選んだり


0002754700099

大寒波きましたね。暑いのは大丈夫だけど、寒いのは苦手。それでも雪が積もった日にはテンション高らかに寒さも忘れて撮影したことが何度かあります。

とはいえ、一番テンションあがるのは春ですよね。青空の下の菜の花や桜を見るとウズウズします。
天気が悪い時は、悪さを隠せるようなフィルムをチョイスします。
この撮影の時は曇っていたので、今は無きタングステンフィルムを使用。デジカメのホワイトバランスでいう電球マークと同じ効果ですね。全体がブルーになります。コダックのリバーサルフィルムみたいに復活を熱望するフィルムですね。

ちなみに、数時間撮影している内にどんどん晴れてきたので、AGFA ULTRA100を使用。派手に撮れるフィルムで、同じく復活を熱望しています。

000274670018

 

カメラの個人レッスン

toylesson

 

Continue Reading

再販するコダックのリバーサルフィルムについて


000433200018
朗報ですね。吉報ですね。とにかく嬉しいニュースです。
2012年に販売終了したKodakのリバーサルフィルム「エクタクローム」が年内に販売再開とのことです。日本では未定ですが、おそらく入って来るでしょうね。海外から購入してもいいですね。その方が安いです。

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1037896.html

エクタクロームについては僕は数本残っていて冷凍保存していますが、使うたびに在庫が無くなっていくので(当たり前や)、その度に心が寂しーくなっていました(笑)。

で、エクタクロームと書いてるけど、何種類からあります。パッケージの感じだとエクタクロームのE100Gかな? 一番人気のあったE100VSかな?

エクタクロームは個人的にはクロスプロセスで使いたいフィルムです。やっぱりクロスした時のド派手な発色は他にはありません。E100GやE200だと青味が強くなる感じで、E100VSだと青〜緑系。EPPだと全体的な色彩が派手になるので大好きでしたね〜。

000497760007
せっかく復活するのにクロスプロセスで使うって邪道ですって? うん、邪道ですね。普通にリバーサル現像するのも好きですが、クロスの現実離れした派手さも好きなんです。
再販されたら教室やワークショップでも堂々と紹介出来る。

何にしろ、フィルム人気が高まっていることは嬉しいし、有り難いですね!
アグファのULTRA100も復活して欲しいなー。

 

 

カメラの個人レッスン

toylesson

1dayt

 

Continue Reading

『フィルムカメラ教室外伝(全4回)』募集開始


000544240001

『フィルムカメラ教室外伝(全四回)』

昨日に続いて教室の告知です。2017年1月スタート。大阪にて第3日曜に開催。大阪開催ばかりですが、関東方面でのワークショップも企画中です。
時間は13時〜16時と少し長め、講座と撮影会がセットのワークショップのような教室です。これまでの教室とはちょっと違うくくりなので、外伝に(笑)。フィルム別の発色の違いや多重露光の基礎から学びたい方はコチラの教室に。

□ 内容
フィルムカメラの基礎はそこそこ知っているけど、もっといろいろ極めていきたい!いろんな写真が撮れるようになりたい!という方の為の教室です。全4回、あえて作風の違った写真を撮ることで写真の知識を深めます
講座の内容は、その日によって好きな色や雰囲気で撮れる日があるかもしれませんが、逆にあまり好きでない日もあるかもしれません。
ですが、写真って食わず嫌いなこともあって、撮ってみると意外と好きになるかもしれません。そうやっていろんな雰囲気で撮ることで、新しい視点を見つけて写真の幅を広めていく教室です。
*毎回フィルムを1本プレゼントします!
*撮影場所までの移動時間もありますので、終了が16時を少し過ぎることもあります

□ 講座の会場
淀屋橋の貸し教室・ボダイジュカフェ(扇町)など。
*撮影場所によって変動します(神戸〜大阪市内〜堺市など)

□ 時間
13時〜16時

□ 料金
5,000円(税込み)
全4回 20,000円(5,000円×4回)
お支払いは2ヶ月ごとも可。10,000円×2回 (1/15と3/19)

* 毎回、その日に使用するフィルムを1本プレゼント
* 交通費、カメラとフィルムの購入費、現像代は実費
* レンタルカメラ無料
* 少人数の教室のため、欠席の際のご返金はございませんが、別日の講座終了後や撮影会の際に授業の内容の簡単なご説明、フィルムをお渡しいたします。

0005464700290

□日程 (一部、内容が変更になる可能性もあります)
1/15(日) いつもの視点を捨ててみる
2/19(日) 色を壊してみる
3/19(日)    多重露光を極める
4/16(日)    ゆるふわに撮る

* 内容は予定の為、変更の可能性あります。
* 撮影会は雨天決行ですが、大雨などの際は振り替え(またはご返金)になる可能性もあります。
* 募集人数に達しない時は、開講を見送ることもあります。

お申込み、お問い合わせは以下の『お申込みページ』よりお願いします。


onomiti

 

1、お申込み後、数分以内に自動でメールが届きます。
2、1〜2日以内にこちらから講座場所などを含め、折り返しメールを致します。
*届かない際は、PCからのメールを拒否設定されているか、迷惑メールに振り分けられている可能性があります。
「返信来ないよー」と言う方は、こちらにコメント頂くか、Facebookからのメッセージでお願いします。
* 募集人数(3名〜)に達しない時は、開講を見送ることもあります。ご了承下さい。

gaiden


 

Continue Reading

愛機『HORIZON PERFECT』の魅力


000546230017

このファインダーで空を眺めて撮影すると、絶対にハマります。これまでの狭い視野がぶっ壊れる感じですね。
パノラマなので余計なものが写り込んでしまうかもしれませんが、それを補うだけの破壊力はあります。

たまに縦でも撮影するのですが、これもまた好きです。普通に撮ると自分の足も写ってしまうくらいワイド。花も空も思いっ切り堪能出来る写真が撮れます。

中古で手に入れて5,6年くらいかな。少しずつボロボロになってきています。
自分で出来る程度の小さい修理やメンテナンスはしていますが、横浜では丸い部品が外れて円を描くように転がって溝にダイブしました。
撮影には必要ない部分ではありますが、そろそろ二台目をゲットしてこちらを予備にしたい。でもそこを踏み切れないのは、単に予算的な都合ではなくって、愛着があるからなんですよね。

キレイな話じゃないけど、たとえば手垢の汚れや汗を吸い込んだストラップ、ボディーの傷や塗装の剥がれ、そういうものがあるからこそ持った時の感触がしっくりくるんですよね。全てが染み込んでいます。

もちろん、ちゃんと拭いてあげたりもしていますけどね。この感覚分かる方いるかな? 
これは僕にとってフィルムカメラ特有な気もします。

 


 

Continue Reading

『CineStill 800 Tungsten』&『HORIZON PERFECT』&『横浜夜景』


000546220001
横浜写真が現像から帰ってきました。なかなかいい感じ。
良かったのはほぼ夜景でしたけど。

ワークショップ前日、撮影会でどのルートを行くか決める為のロケ。
2時間くらい山下公園や赤レンガを回った後は、この場所で一時間くらい日が暮れるのを待ちましたね。

最近は撮影するのって、教室やWSでの撮影会が多くて、あとは家族のお出かけとかですね。だから、アンテナも集中力も少し押さえ気味。こういう独り善がりな撮影から遠ざかっていました。

昔ここを仕事中に通ったことがあったんですよね。その時にもホライゾンで少しだけは撮ったけど、じっくりは撮れませんでした。だから今回はここでじっくり撮ろうって、夕暮れや夜景に合うフィルムを準備していました。

一人だと本気度100%アンテナビンビンで撮れるから無心になりますね。
で、結局ロケ時間が足りなくなって、次の日の朝〜WSがはじまるまでの時間もロケに行くはめになりました。

000546220014

 

Continue Reading

オシャレやん横浜っ!!


%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%83%8e%e3%83%a9%e3%83%9ea22
横浜WS、両日とも定員の10名になり、2日ともに晴天でした。
撮影会などで雨が降るたび、『雨樹』という名前のせーだと言われ続けてきたけど、最近はバンバンに晴れ男。いつまで続くかな。

前日入りして撮影会の場所をロケ。時間足りなくて当日の朝からもロケ。

歩き倒して思いましたね。

横浜オシャレやわ。どこで撮影してもいい感じやん、と。

はじめて行ったわけではないんですが、じっくりと歩いて宿泊したのは初。プライベートでまたじっくり来たいですね。花の植え方からシャレてるんですよね(笑)。バラ園もバラだけが咲いているんじゃなくって、いい感じに他の花も咲いています。

そんなこんなで久しぶりに歩きまくったから、人より少なめの体力は1日目で無くなったけど、人一倍多い気力で乗り切りました。どこよりも安い宿は流石に微妙だったけど、浮かしたお金で娘に何か買ってあげよかな。

山下公園にはカモメもいたから、次はかっぱえびせん持っていきたいな(めっちゃ寄ってきます)。

てことで、参加者のみなさんお疲れ様でした。ありがとうございます!!また来年っ!

 

000516410009

今回のハズレ枠フィルムはレーザーがランダムに入ってるもの(笑)。
でも、今も販売されているフィルムの中では一番高値です。

 


 

Continue Reading

フィルムの紹介−04『AGFA ULTRA100』


000506980015

幻のフィルムの次は、伝説のフィルムをご紹介。
ペンキで塗ったような派手な発色とも言われており、ネガフィルムので中では最も鮮やか。
しかもリバーサルフィルムのような堅さも無く、フィルム特有の柔らかさやグラデーションも兼ね揃えていて、まさに最強のフィルムでした。

販売終了はアグファ撤退の時だから2005年かな。最も新しいフィルムの最終期限でも2008年でとっくに期限切れです。
期限が切れたフィルムはザラ付きが強くなったり、アンダーに写ったり、発色が悪くなったりします。

大阪のWSはフィルムを13種類準備しましたが、横浜WSは20種類。
てことであと7種類と考えると、どうしてもこれを準備したくて最近新たに手に入れました。

000534060006
使ってみたところ、全体的に発色は落ちてるような気もしましたが(特に青)、赤や緑はやっぱり派手になりましたね。

 

□ 11月5日「横浜WS」あと1名
□ 11月6日「横浜WS」あと2名
http://amaki15.com/blog/?p=7543

 

Continue Reading

どこで撮影したのか?


000307890007
よく聞かれます。よく聞きます。

教室やワークショップの撮影会ともなれば、たとえば花の咲いているところを検索して探します。
でも、一人ならとりあえずこの駅で降りて歩いてみよっか、という行き当たりばったりなタイプです。たいして撮るものがないこともあります。でも、素晴らしい景色と出会うこともあります。

000307890008
有名ではない撮影スポットってありますが、それが拡散されて火がついて町おこしになる。というのならいいんですが、ここ数年は『その場所が荒らされる』というパターンが多くなりました。

『マナーを守らない人』はこれまでもいました。
それが単純にカメラを持つ人が増えて、その数だけ『マナーを守らない人』も増えたんだと思います。SNSの効果で、マナー違反を知る機会が増えたのもありますが、実際によく見かけるようになりました。

たとえば花見に行ってゴミを散らかして帰る人がいます。キレイな桜を見に行ってその場を汚すとかありえないと思いますが、『キレイな花を見たい<騒ぎたい』からなんだと思います。百歩譲ってまだ分かります。いや、千歩かな。

でも、『花を踏みながら花を撮る』とか、ちょっと意味不明ですよね。
その写真を見せる時に、「これは花を踏みながら撮ったんだ」という人はいないと思います。
だからそれなりに罪悪感もあるはず。

撮影者たるもの、心はキレイでありたいですよね。

 

000307890001

 

Continue Reading

ホライゾンで多重露光


000501820007

こちらはHORIZONでの多重露光。

万博記念公園は向日葵が咲いているんだけど、太陽の塔とは少し離れた場所。
だから多重露光で無理矢理近付けました。

 


 ■ ショップに中古のLC-A追加しました。

_dsc7847

 

Continue Reading