【観覧車-3】マザー牧場


000274740040

観覧車シリーズ。大阪から順番にと思ったけど、突然千葉にワープ。マザー牧場にある、高さ30mの小さな観覧車です。
牧場なので花も動物もたくさん。でもそれぞれが離れていたので、観覧車+αでは撮るには難しくって、単純に「空と観覧車」です。

でも、アヒルもたくさんいたし、春は菜の花畑もあって、一日中いても足りません。いつまでも撮っていられそうな場所でした。

一度しか行ったことがないんですが、近くなら頻繁に行くであろう撮影スポットですね。あー、また行きたい。

0002746700200

ちなみに、ゴンドラの色は真っ赤や真っ白よりも。カラフルなのが好みです。

 

Continue Reading

【観覧車-02】天保山ハーバービレッジ


観覧車05

大阪で『世界最大級の高さを誇ったことがある』、天保山大観覧車。出来たのが随分古いので、新しい観覧車つくるとなると、天保山より1〜2m大きいのつくっとけ!ってなりますよね。それを見越して天保山が後から「112.5mって言うとったけど、ホンマは115mやってん!」とか言ってもいずれは抜かされますよねやらないだろうけど。
まー、日本にあるでっかい観覧車って110〜120mくらい。肉眼でも乗ってみてもその差は分かりません。

ここもハーベストの丘に続き、よく撮っています。個人では初の写真集が出版されることになり、表紙の写真用に撮りまくった時期があったんですが、その候補になったのがこの奇跡の一枚。LC-Aにワイドアングルレンズを装着、三脚を立て、羽ばたく瞬間を狙ってレリーズで撮影。迫力を出したかったのでクロスプロセス現像もしています。
結局、いろんなコンセプトがあって別の表紙にすることになったんだけど、ちょっと悔やまれますね。

000335430030

入道雲と観覧車は相性が良いので夏に行くことが多く、天気がいい日は夕暮れ待ちをすることもあります。これまたどっちもノーファインダーで撮影しています。

 

photocard

『鳥と観覧車』Photo Cardの購入はコチラ

 

Continue Reading

【観覧車-01】ハーベストの丘


観覧車01観覧車写真集が出したいなってことで、場所と共に振り返る(自分の中でまとめていく)シリーズ。
まずは大阪の堺市にあるハーベストの丘。我が家から一番近くにあり、たぶん一番撮影したことがある観覧車。
上の写真は自分の中で定番でもあり、代表作。写真家活動のはじまりの一枚。
そして先日、娘とはじめて一緒に乗ったのもこの観覧車。

ということで、いろいろと思い入れのある写真(観覧車)です。ちなみにどっちもノーファインダーで撮影。

観覧車03

全長は36m。メルヘン感を出すにはちょうどいいサイズ。あまり大きいと迫力>メルヘンになりますからね。一枚目はダークファンタジー寄りかもしれないけど、どっちもお気に入りです。

 

photocard

『コスモスと観覧車』Photo Cardの購入はコチラ
『花と観覧車』Photo Cardの購入はコチラ

 

Continue Reading

【大阪】2018年初心者向けのフィルムワークショップ(月・水・金・土曜)


nagoyaf04あと20日で今年もおしまい。2018年上半期はもっとフィルムを広げていきたいと思っています。そんな楽しさや魅力を伝えたいので、月・水・金・土曜日も1〜3月までは毎月開催。
初心者向けのクラスとなりますので、フィルムに興味がある方はぜひご参加下さい。 少人数での開催、カメラ付きの回もありますので、フィルムを触ったことがない方もお気軽にご参加下さい。 参加者が一名でも開催しますよ(笑)。

000000000014
【日時と内容】13時〜16時での開催

月曜クラス

・1/15(月) フィルムカメラをはじめよう(カメラ付き)
・2/12(月祝) フィルムシャッフル
・3/19(木) 期限切れフィルムを使ってみよう

 

水曜クラス

・1/17(水) はじめてのモノクロ(カメラ付き)
・2/14(水) フィルムシャッフル
・3/21(水祝) 期限切れフィルムを使ってみよう

 

金曜クラス

・1/19(金) フィルムカメラをはじめよう(カメラ付き)
・2/16(金) フィルムシャッフル
・3/23(金) 期限切れフィルムを使ってみよう

 

土曜クラス

・1/20(土) フィルムカメラをはじめよう(カメラ付き)
・2/17(土) フィルムシャッフル
・3/24(土) 期限切れフィルムを使ってみよう


それぞれのサンプル写真・詳細


000277720004
【料金】

 5,000円 (税込み)

【料金に含まれるもの】
フィルム1本+カフェのドリンク代金(カフェで講座の時のみ)。

* 一日だけの参加も可能です。
* ワークショップの内容に合ったフィルム1本をプレゼントします。
* 講座は貸し教室やカフェなどになります。カフェの際はドリンク料金は無料。
* 35mm使用のフィルムカメラ必須となります。
* レンタルカメラ(LOMO LC-Aなど)希望の方は+500円 (撮影中に落下などで故障した際の保障込み) 
* 基本的には雨天決行です(台風などの際は中止)。
 
【キャンセル料金】
当日:全額
1日前〜4日前まで:半額
それ以前は無料となります。
 
【講座・撮影場所 】
毎回、場所は月によって変更しますので、参加者に別途ご連絡いたします。
*募集人数が1名のみでも開催します。

*サンプル写真やそれぞれの詳細などは以下の【お申込みページ】より

 

onomiti-2

 

 

Continue Reading

【大阪WS】カモメと観覧車の多重露光を撮ってみよう!


000414530026今月の目標は来年の計画をしっかりと立てること。やりたいことはある程度決まっているので、日程をどう調整していくか。と、その前に。今年最後にもう一つやります。
12/29(金)に一日ワークショップやります。午前中の10時〜17時までの長時間開催。少し前にここで書いたぶっとおしワークショップのミニ版ですね。

m_14
内容は僕の得意とする『カモメと観覧車』の多重露光になります。撮影のコツをレクチャー、天保山で観覧車を撮影、大和川でカモメを撮影します。フィルムもこちらで準備します。天保山〜大和川の移動は車の予定です。時間によって途中で寄り道しながら撮影もします。
多重WSは何度かやったことがありますが、中でもカモメ+αは多重の中でもかなり格好いい、インパクト大の写真が撮れます。それを一日でやっちゃおう、今回の内容をいろいろ応用していって下さい、というワークショップになります。

kamome00
【日時】12
/29(金) 10時〜17時(終了時間は30分ほど前後します) 

【料金】 8,500円 (税込み) 

【料金に含まれるもの】
・コダックの生産終了リバーサルフィルム1本
・ネガフィルム1本
・カモメの餌(笑)
 
*募集人数は2〜5名(1名の際は開催を見送ります)
*雨の際は予備日の12/30(土)に一日ズラします
*30日に変更になったら参加したいという方のお申込みも可能です
 
【キャンセル料金】
当日:全額
1日前〜3日前まで:半額
それ以前は無料となります。
 
【集合場所 】
 天保山(詳細は参加者にご連絡いたします)

 

onomiti-2

 

Continue Reading

LOMO LC-Aを採点してみた!


000699770020
ブロニカに引き続き、今回はLC-Aを採点してみます。一番古い写真が2005年の秋だったので、12年も使っています。2007年くらいからはめちゃくちゃ作家活動していました。携帯小説で連載したり、個展したり、出版したり。いい時代でした(笑)。
単純に写真を撮るという意味ではそこから数年間が一番楽しかったのかもしれない。写真での収入は微々たるものでしたけどね。
今が楽しくないのではなくってその種類が違いますね。恋愛と同じく、付き合い始めの新鮮さには適いませんよね(笑)。てことで、そんな相棒を採点。

描写 ★★★★★
画質 ★★☆☆
価格 ★★★☆☆
操作性 ★★★★
使い心地 ★★★
携帯性 ★★★★★
デザイン ★★★★☆
ファインダー ☆☆☆

満足度 ★★★★

f_17
描写に関してはブロニカと同じく一目惚れでした(10年以上前ですが)。それからずっと飽きることなく、良き相棒として欠かせない存在です。携帯性が良く、どこに行く時も持ち歩いています。

画質ですがピントはやや甘いです。ピントが目測なので、やや仕方ない部分もあります。ファインダーを覗いた感覚は特に良くもなく(笑)。ただそこに穴が空いているだけで、ピント調整も出来ず実際に撮れる範囲とは視差もあります。

見た目は可愛いですね。露出がオートなので、ピントレバーを合わせてシャッター押すだけ。初心者でも使いやすいです。

 

今はブロニカで撮る方が好きですが、これまでの撮影枚数は他のカメラと比べても段違いで多いので満足度もMAXです。今もメインのカメラです。

ちなみにLC-A+よりもLC-Aの方がオススメです。元々故障しやすいカメラなのですが、LC-A+の方は次第に露出が狂ったりとあまり長持ちしたことはありません。LC-Aは運が良かったらめっちゃ長持ちします。どちらも個体差があるのが良くも悪くも特徴ですね。

現在、東京の鴬谷で開催中のレンタルボックス展では、オリジナル写真に張り替えたLC-Aなど販売しています。11月30日まで。
アクセス・詳細はコチラ

_DSC3026

 

Continue Reading

写真の奥深さ


000184750008

最近あまり撮らなくなった観覧車。撮りまくっていた時期と比べての話だし、簡単に行ける場所は行き尽くしたのもあります。それでも、僕にとっては相変わらず魅力的な被写体です。

中でも魅力的だったのはこの巨大な廃観覧車。今は無きです。珍しくフィルム一眼で長時間露光しています。
月明かりしかなく、肉眼では観覧車はほぼ見えないんですが、目に見えないものを撮ることが出来るって写真はやっぱり奥深いですよね。

 

Continue Reading

持って来たら良かったって悔やむカメラNo.1


000253560018l

僕は色んなフィルムカメラを持っているのですが、HORIZON PERFECTの出番は現在3〜5番手あたり。なので毎回は持っていきません。とりあえずコンパクトさでもLC-Aはほぼ確実に持って行きます。

でも、最も「持って来たら良かった!」って思うカメラがHORIZONです。なぜ今日は持ってきていないんだーって悔やむことがよくあります。

それだけ撮れる写真が独特なんですよね。いろんなカメラを使うことで、それぞれの切り取り方を自然とするようになったからかもしれません。「この風景ならHORIZONが一番!」ってシーンがよくあります。

カメラってやっぱしコンパクトさも重要ですね。

 

Continue Reading

自宅の近くの公園から見える観覧車


000723290015

自宅の近くにある小さな公園と、万博の観覧車の多重露光です。実際、観覧車は近くにありません。

朝カーテンを開いたら観覧車が見える家にちょっと憧れもあったりします(笑)。マイホームを購入する時に、いろんな場所を見て回ったのですが、歩いて5分ほどの距離に観覧車がある家もありました。

ちょっとだけ心惹かれてしまったのですが、坂を上った所にある広〜い敷地内の『ザ・集合住宅』という場所だったし、家の中を見ている時に前の家の人がこちらを見た後に窓のシャッターを豪快に締めたのを見て、ちょっと微妙だなーと思ってやめました(笑)。
ちょうど締めるタイミングだとしても、僕ならゆっくり締めるか後にしますからね。「来るな!」みたいなガラガラドッシャーンでした。

隣人トラブルってよく聞くし、ニュースでもたびたび話題になるので、マイホームって家の中よりも環境の方が大切だと思います。以前済んでいた借家は隣人が最悪でしたから。

いまの家はとても恵まれていて、お隣さんの姉妹が娘と遊んでくれます。幼なじみですね。
庭に小さな砂場をつくったのですが、そこでよく3人で遊んでいます。幼稚園も一緒に行ってるし、妻もいろんな相談が出来たりするので喜んでいます。

自宅から観覧車は見えないけど、別荘の軽井沢からは見えるしいいか、と夜な夜な妄想しています。

 

Continue Reading

instax mini 90の撮影方法


007-768x498トイラボさんのHPで連載中のコラム。第68回はフィルムだけど、同じククリではない(僕の中では)、チェキのコラムになります。

フィルムもじわじわきてますが、チェキは流行っていますね。新機種がどんどん出ています。加工後にフィルムを出せるものもあり、今時というのかなぁ、遊び心がありますね。フィルム好きとしては失敗が出来ないところが魅力的なんですけどね。

SX-70はフィルムも高くって。「一枚300円!失敗しても300円!!」とか思いながら撮影していました。あのドキドキ感がいいのになーって。

がっつりフィルムの僕は、普段チェキをあまり使わないんだけど、一台くらいは持っていてもいいというカメラです。
http://cafe.toylab.jp/column/amaki15/15249/

 

Continue Reading
1 2 3 7