名古屋市政資料館〜文化の道をフィルムカメラでもっとレトロに撮るワークショップ開催


000687710035

毎日暑いですねー、って思っていたら東京は寒いみたいですね。しかもずっと雨が続いてるだとか。涼しいのはいいけど、雨は困りますよね。来月のWSは晴れてくれるかなぁ。

さて、地元の大阪では毎月ワークショップを開催していますが、大阪からそこそこ最寄りの名古屋でもやりたいなーと思っていました。先月開催して久しぶりの名古屋の地はやっぱり好きだったので、来月もまた開催します。気持ち的には今後もやっていきたいです。

000687710009
【フィルムカメラワークショップ名古屋

幼い頃に撮ったかのような、懐かしくどこか暖かい雰囲気で撮れるフィルムを使い、名古屋市政資料館〜文化の道などを撮影するワークショップを開催します。その他、ノスタルジーに撮れるフィルムなどのご紹介もします。 

【日時】9/24(日) 13時〜16時 

【料金】 5,000円 (税込み) 

【料金に含まれるもの】
・オリジナルフィルム1本
・現像料・施設などの観覧料は含まれません。
 
*35mm使用のフィルムカメラ必須となります。
*レンタルカメラ(LOMO LC-Aなど)希望の方は+500円
(撮影中に落下などで故障した際の保障込み) 
* 基本的には雨天決行です(台風などの際は中止。ご返金になります)。
 
【キャンセル料金】
当日:全額
1日前〜7日前まで:半額
それ以前は無料となります。
 
【講座・撮影場所 】
 丸の内の会議室

facenagoya
使用して頂くフィルムはオリジナル製作です。夏と相性が良さそう、昔撮った写真みたいに懐かしいフィルムってことで、「70’s SUMMER」というフィルム名にしました。
ワークショップ優先で使用していくため、ネットでの販売予定はいまのところありませんが、年末〜来年に向けて検討中です。

もちろん夏だけじゃなく、ノスタルジーを感じさせる場所との相性は抜群です。最近では一番好きなフィルムです。デジタルでは撮れない世界観、色味、フィルム特有のザラザラ感がたまりません。ぜひ体験して下さい!
その他のサンプル写真、詳細、お申込みは以下より。

 

onomiti

 

 

Continue Reading

変顔って何歳から?


000687710013
カメラマンの子供といえば、無理矢理なポージングをやらされる宿命。
ピース!とかは別にいりません。モデル立ちもいりません。わざとらしくない表情というポージングを極めてもらいたいです(笑)。

000687710018
変顔もたまにはいいけど、ずっとはやめなはれ、なのです。

変顔やるのって何歳〜何歳くらいまでなんでしょーね。

 

Continue Reading

『被写体と向き合う』とは?


000672210003
最近は観覧車を撮る機会が減りました。行きやすい場所は行き尽くしたのもありますね。あとせっかく遠路はるばる行ってもゴンドラが無かったり、解体中だったりもしますよね。
巨大な観覧車もいいけど、やっぱりこじんまりとした、ちょっとサビちゃってるやつが好きです。今後はそれが無くなっていくので、やっぱりそれも撮るなら今の内ですよね。今後建設される観覧車はそれこそ日本一高いとか、そういうものばかりになりますもんね。

その中でもコスモワールドの観覧車は割と好きです。撮る方向によって背景が開けていたり、ビルが並んでいたり。夕暮れ、ライトアップ、いろんなパターンで撮影が出来ます。

000546220003

観覧車はいろんな場所に撮りに行きましたが、一つの観覧車でもいろんな方向から撮ったり、フィルムや現像方法で表情をガラリと変えることが出来ます。花だろうとポートレートだろうと、どんな被写体でも同じことですね。

これも被写体と向き合う方法だと思います。

000546480015

 

Continue Reading

チャレンジすんのかい?せんのかい?


000630360014
後悔ランキングで上位にくるのが、「チャレンジしなかったこと」です。
チャレンジなんて内容はいろいろですが、告白や夢や起業など、一歩の勇気が出せなかったという部分は同じですね。状況的にチャレンジ出来ない理由があったかもしれないけど、半分は言い訳。後悔するということは、やれば出来たのかもしれません。そこを悔いてしまうんですね。

何でもやってみればいいは他人事

僕はやればいいのに推進派ですが、軽々しく適当なことも言えませんよね。
一つは、推進派のくせにチャレンジ出来ていないことがたくさんあるからです。
もう一つは、チャレンジして、失敗して、後悔することもあるかもしれませんよね。
チャレンジ精神のある人は、失敗しても失敗と思わず、後悔なんてしないポジティブさは持ち合わせているかもしれませんが。それが誰にもまかり通るわけではありません。
「やってみる」を妨害されることもあります。人によって環境も違いますからね。

運命の分かれ道

40歳前後で起業する方、したいと思っている方は多いです。今年はそんな話をよく聞く一年です。大袈裟かもしれませんが、運命の分かれ道ですね。
当たり前だけと、どちらかの道しか歩めません。だから僕はどっち選んだとしても、選んだ道が正しいと思うように心掛けています。
たとえば、選んだ道がイバラで後悔しても、もう一方は地獄かもしれません(笑)。人はマイナスの出来事にはつい反応してしまいます。成功して幸せなら、もう一方の道の方がもっと幸せだったかも、とは考えないはずです。
000586510029

起業して10年後も続いてる割合は10%未満

流行りのものでお店を出しても10年も続きませんからね。今の時代ならインスタウケ(映え)する店を出すと流行りそうですね。それもいつまで続くか。
撮影だけしてインスタにアップして、捨てられる食べ物もあるようです。昔のビックリマンを思い出します。シールのために購入して、お菓子は捨てられていました。今の時代が変だ、おかしい!とか言われがちだけど、昔も充分おかしかったです。

パっと儲けて次へという経営者もいると思います。赤字で倒産ではなくて、黒字の内にやめるのかな。僕はそんな器用なことは出来ませんが。
調子に乗って手を広げるより、足場をしっかりと固めるのがいいですね。

白いたい焼きというのが一時期流行りました。あれも店舗を広げまくって結局は億の借金が残ったようです。珍しくなくなった途端に価値が薄れるってことですかね。経営って難しい。

後悔しないためには?

チャレンジするにはリスクもあります。それを、リスクと感じるか、やりがいと思うか。安定を求めて後悔するか、後悔したくなくて安定を捨てるか。
いずれにしても、先にも書きましたが、出した決断が最良の答えだと思うことです。チャレンジしなかった、それだって正しい答えです。それが後悔しない考え方だと思っています。

 


 

Continue Reading

いつまでもあると思うなよ。


000074390022
ちょっと偉そうなタイトルですいません(笑)。

永遠なんてありえません。失って気付くことばかりです。そんなお話。
人の死だとか恋だとか、そういうのはひとまず置いといて。

僕が写真をはじめた頃は、フィルムなんて選び放題でした。ただ普通に、当たり前のように使っていました。
今やその半数は幻の、伝説のフィルム。冷凍保存しているのが少しあるけど、かなり貴重なものになりました。

撮影場所だって同じ。そこに当たり前にあったものが無くなることがあります。
いつか行こう、なんて実現しないことがほとんど。

撮影に限らずですよね。会いたい人、行きたい場所があれば、その為に時間をつくらないと本当にいつかで終わってしまいます。

「いつか」なんて結局は「気が向けば」程度の想いなのかもしれませんが、本気で後悔する時もあります。

000027590009
写真はどちらも滋賀県。廃園後もずっとそこにそびえ立っていた観覧車はもうありません。
蓮の群生地は、昨年より蓮が育たなくなりました。
今年はどうなるのか分かりませんが、当たり前にあったものはいつか無くなる。

それくらいの想いがある方が行動も出来るし、後悔も少ないかもしれませんね。

遅いよりも早い方がいい。


 

Continue Reading

成功と失敗とは


000654500003
成功と失敗。自分で何か新しいことをやろうと思えば常に付きまといます。挑戦ですからね。確実に成功するなんてありえません。では、その逆は失敗でしょうか?

 

失敗って、自分で思ったら失敗
ダメだった、うまくいかなかった、客観的に見ると「失敗」だろうと、自分でそう思わなければ「失敗」ではありません。
成功に近付いたとも言えます。何がダメだったのか考えて、次はああしようこうしよう、と。だから、ダメを集めることが成功への道しるべです。一回目で成功しようなんて厚かましいことです。

000630660004
気を付けたいのは、経験者でもないのに、したり顔で否定してくる方がいることです。
「あぁ、私は失敗したんだ…」ってネガティブに考えてしまう可能性があります。

第三者からすると「失敗」だろうと、結局は自分の意識の在り方です。
だから、周りの声には惑わされないようにしたいですね。

 


■ 2017年大阪WSは6月末よりスタートします!
・日曜クラス詳細はコチラから。
・木曜クラス詳細はコチラから。

□ 2017年7月1日・2日、名古屋WS開催
・詳細はコチラから。

 

Continue Reading

大阪WS【期限切れフィルムで撮るレトロ商店街】


kigen09

大阪での毎月WS開催が決定しました。毎月一回、6月〜12月までの日曜日開催です。6月はもう期日もせまっているし、梅雨なので人が集まるのかどうか。
なんて気にしていても仕方が無いし、1人でも2人まで開催はするので、とりあえず今年の自分の予定をしっかり組んで行こうと思ってます。後は、木曜日クラスもやりたいと思っています。

ということで、大阪WSの第一段は6/25(日)開催、【期限切れフィルムで撮るレトロ商店街】です。
フィルムには期限があります。それを過ぎてしまうと色のバランスが崩れたり、ザラ付きが強くなったり、発色が悪くなったりします。外観をみてもどれくらい状態が悪いか分かりません。だからこその面白さを体験して頂けるワークショップになります。

相性の良い被写体は、ノスタルジーを感じる場所やモノ。逆に現代的なもの(モダン?)は合いません。当日はこちらで持参した期限切れフィルムを選んで頂き、レトロな商店街や路面電車の撮影をして頂きます。

ご予約はコチラから(7月以降のご予約も可能です)。

木曜クラスの開講も決定しました。コチラより。

 


 

Continue Reading

暴走キッド


000630360004

終始動きっ放し。と思えば突然止まる。

予測すると違う動きをする。左に行くと見せかけて右へ行く。笑ってるかと思えば駄々をこねる、泣き叫ぶ。
待ち構えて撮ってやろうとダッシュするも、振り返ると同じくダッシュで付いてくる。not control!

親だけではなく、カメラマンにとっても天敵。

000630360035

そんな君をとことん追いかけるよ。

 

 

Continue Reading

「無料で写真を撮って」と頼まれた時はどうすればいいか?


002

トイラボさんのHPで連載中のコラム。今回の内容は「無料で撮ってくれと頼まれた時はどうすればいいか?」です。「幾らで撮ってくれる?」って聞いてくれたらいいけど、「撮ってちょーだい」だけだと、『無料で?』なんて思いますよね。

これも「あるある」なんですよね。イラストレーターや画家やデザイナーにもあることと思います。

ある程度撮れるようになってきたけど、まだ100%の自信が持てていないからこその悩みかもしれませんね。

コラムでは長々と書いていますが、これの乗り越え方としては体験するしかないかもしれません。無料で撮ってしっかりとバカを見る。「なんでタダで撮ったのに、こんな損して、いろいろ言われなアカンねんーー!」、って。そして無料では撮らなくなる。結局はこのパターンが多いんじゃないかなと思います(笑)。

僕は撮る以外に教えることもやっていますが、同じことです。しっかりとお金を取って教えています。技術や知識や経験ってタダではありません。手に入れるのには時間もお金もかかります。努力も必要です。

そうやって自分の中では価値があるものと考えることが出来るようになれば、この点で悩むことはほぼ無くなると思います。

http://cafe.toylab.jp/column/amaki15/14989/

 


 

Continue Reading

The last day


000630630003

GWもおしまい。残された最後の一枚も間もなくひらり舞い散ります。みなさん明日から頑張って働きましょう◎

僕は娘から頂いた風邪にやられてたいしてどこにも行けずでした。子供の風邪は感染力が強いのか、自分が弱いのか。もともとそんなに風邪をひくことはなかったんだけどなぁ。そんなグダグダなゴールデンウィーク。

とはいっても毎年どこかへ行くわけでもないし、どこかへ行くなら混んでる時は外して平日に行くので、GWなんてただ人が増えるという印象しかないけど。
ただ、子供の休みも土日になったらそうはいかないので、数年後は空港でテレビのインタビューで「どちらまで?」って聞かれて、ドヤ顔で「今年はスペインですね〜」って言えるように頑張ろう。

てことで、今年のGWは風邪をひいて、撮影で日に焼けて火傷みたいになってるくらいですね〜。

 


現在募集中のワークショップはコチラから。

 

 

 

Continue Reading
1 2 3 13