「BUHI」秋号に掲載されました


_dsc1344

フレンチブルドックの「BUHI」にフレブル写真を掲載して頂きました。今回は2家族で3ページ。Facebookページのカバー写真にも使用されています。

届いた献本。娘は「わんわん見よーっと」と、ふんぞり返ってページをめくっていました。
猫も好きだけど、犬も好き。
そろそろフレブルを家族に迎えるべきなのか。

_dsc1100

ありがたいことに編集長からもお声掛け頂き、これまでに撮影させて頂いたフレブル写真は全てBUHIに掲載されてます。

依頼してくれた方にとって、『撮影』+『掲載』も記念になるかなぁ。
だったら嬉しいな。

 

_dsc1345

 

 

撮影のご依頼

deziiti01

film

 

 

Continue Reading

フレンチブルドッグのかわいい撮り方


_DSC0472
僕は猫派ですが、犬も好きです。ちなみにアヒルやうさぎも好きです。
中でもフレンチブルドッグとはいつか暮らしを共にしたいと思っています。

フレブルは撮影する機会も多く、雑誌のBUHIにも何度か掲載されたことがあります。どちらかと言うと撮影はしやすい犬種です。家族撮影などでは初対面になるのですが、懐っこい性格の子が多いというのもあります。
他に理由もいくつかあるのですが、ここでは簡単にかわいく撮るコツを。

 

同じ目線で撮る

これは、もう何度か書いたことがありますが、全ての動物共通ですね。
フレブルは小型犬なので、少し屈んだ程度では同じになりません。もっと、地べたスレスレで撮影します。高いところに乗ってもらうのもいいですが、危険もあるので出来れば自分が屈みましょう。

_DSC6867
後はカメラやレンズの種類や性能にもよりますが、背景がなるべく開けたところで撮るとスッキリした写真になります。
この時、絞りを解放すると背景がボケてキレイに撮れますが、目にピントが合うようにしましょう。

逆に広角に、空を広く入れて撮ってもいい感じです。

_DSC0581

とことで、目線を合わせず上目遣いで撮っても可愛いのですが(笑)、ただカメラ任せ(プログラムオートなど)で撮るだけではなく、カメラの基本もしっかりと覚えていけば室内でも外でも上手く撮れるようになりますね。

ふんわりと撮ったり、鮮やかに撮ることも可能です。

 


ペットと一緒に家族写真を撮ったことない方、かわいくステキに撮りますよ。フレブルならBUHIに掲載されることがあるかも。

『ペット・家族撮影』 http://amaki15.photo/pet_photo.html

 

逆に自分でも撮っているけど、なかなかかわいく撮れないって方。カメラの基礎やコツをレッスンすることも可能ですよ。

『デジタル一眼個人レッスン』 http://amaki15.photo/camera_lesson.html

 


 

Continue Reading

「BUHI」×「Kiyoc+Kumac」×「POTTA」


_DSC9660
フレブル雑誌のBUHIに写真が掲載されました。
僕の中では毎度のモデル、フレブル絵描き作家のきよしさんと相棒のくまし。今回はペット乗せ自転車のPOTTAの撮影取材です。

 

_DSC6881

ロケ地は大阪のある意味中心「新世界」。大阪観光としておすすめしたいけど、したくない、でも個人的には好きな場所(笑)。
さすが、ザ・大阪。馴れ馴れしさも凄いです。物珍しいのか、撮影中もおっちゃんがどんどん話しかけて来ました。宅配便のおっちゃんもガラケーでフレブルの写真を見せて来ますからね。
その後もいろんなおっちゃんが、お構いなしに入れ替わり立ち代わり話しかけて来る。やっぱ、凄い。面白い。

_DSC7050

場面を変えて、人気のない路地裏をスイスイ。
雑誌掲載を意識するから縦写真が増えますね。撮影時間は3〜4時間くらい。休憩のお昼ご飯は串カツ。楽しいお仕事です。

全4ページ掲載されています。書店でみかけたらぜひ見て下さいね〜。

_DSC7194

最後は小さい公園に。そこでもじーちゃんが話しかけてきましたね。
「お、テレビか? 浜崎あゆみ? 剛力彩芽か?」とか意味不明なことを言ってたので、「うん、そんな感じです」とさらっとスルー。

大阪は誰にでもフレンドリーに話しかけて来る方はよくいますが、変に対応しない方がいい方もいます。
やばいというより、めっちゃ長くなるので捕まるといつまでも解放されません(笑)。

 

撮影のご依頼

deziiti01

 


 

Continue Reading

「大仙公園」で家族・二匹のフレブル撮影


_DSC1015

赤ちゃん、子供という被写体も最強だけど、ニャンコやワンコもやっぱり最強。
しかもそれが並ぶとか悶絶もの。

フレブルはやっぱり味がありますね。ファインダー覗くのが楽しいです。

それにしてもしっかりと並んでお座りして、お利口過ぎる。

_DSC1100

左はクリームのももこちゃん、右はパイドのはなここちゃん。

クリームやパイドは毛色のことなんですが、撮影の機会が増えて少し詳しくなってきました。

_DSC1105

動物って基本動き回るので、撮影は難しいんです。
それが二匹となってくるとかなり大変なんです、普通は。

でもこの子たち、じっとしてるんですよね。
なので、じっくり撮影させて頂きました。動かず我慢してくれてありがとう!!

_DSC1080

撮影にいい季節ですね。赤く色気付いた落ち葉がキレイでした。

 

家族・ペット撮影の詳細、ご依頼は以下より
・デジタル一眼コース 25,000円〜
・フィルムカメラコース 30,000円〜
・お試しコース 10,000円〜
(お試しコースは今月で終了いたします)
http://amaki15.photo/pet_photo.html


 

 

Continue Reading

フレブル専門誌「BUHI」に掲載されました♪


_DSC6653

先日のフレブル撮影会の写真が、フレンチブルドック専門誌の「BUHI」に掲載されました。

デジタル・トイカメラと合わせて8家族。みなさんのワンちゃんの写真が掲載されました。

僕の名前は写真の隅にちっさくですが、今号の特集ページで写真は1ページ掲載などもあり、僕自身がとてもいい記念になりました。

ご家族のみなさんにもとっても喜んで頂けて、ど満足です。

ご家族のみなさんと出会えたのも、写真が掲載されたのも、きよしさんのお陰。ありがとうございます〜!!

ちなみにその特集の扉に、以下のきよし&くましの写真を使って頂けましたー!!

_DSC6107

 


ペット・家族の出張撮影のご依頼はコチラ

 

Continue Reading

フレブル撮影会〜トイカメラ編


000655720017

今日はトイカメラ編です。
デジタルはすぐに確認出来るので、撮影しては確認しながら、絞りや感度、露出を変えながら撮影。でも、フィルムはその場で確認出来ません。
それがいつもは面白くもありますが、出来上がりの分からない状態。仕事となると、多少なりとも不安もあります。上手く撮れてなかったらどうしようって。トイカメラはピントは目測ですからね〜。全部ボケボケだったらどうしようって。

そこは、これまでに何千本というフィルムを使って撮影してきた経験を信じるしかありません。

現像後の結果はほぼイメージ通り。

トイカメラ編では、
・LOMO LC-A
・LC-Wide
・Fisy eye
・HORIZON PERFECT
・SPROCKET ROCKET
・Lubitel166+
・NATURA CLASSICA
と、7種類のフィルムカメラで撮影しましたが、これだけのカメラを使えるという経験値は自分にしかないもの(なはず)。
自分にしか撮れない家族写真になったかなと思います。

被写体はもう素敵な家族ですからねー、そこに自分の世界観を少し入れて、幸せな空気を閉じ込めました。

ということで、少しシェアさせて頂きます。

000656070016

ランちゃんとアンニンちゃん。

000656140002

みんな向いてる方向がバラバラだけど、好きな一枚。

000656160006

モンパ君。

000656040034

元気な12歳。

000655490009

ポロン君。

000656120005

暑かったので休憩中。でもこんな可愛い瞬間は逃せませんよねー。

000656080004

ブサ君。

000655470024

びにょーん。

トイカメラの撮影は天気が良かったです。しかも暑かった。その中で、1時間という撮影時間はフレブルたちには過酷な条件っ。ほんとにお疲れ様でした〜。

さてさて、デジタルとトイカメラ。みなさんの写真は、6/27発売の「BUHI」に掲載されることになりましたー!!ダブルで記念になったかなー。
参加者のみなさんがここを見てくれているかはさておき、お楽しみにして下さい〜♪

ペット・家族撮影のご依頼はコチラのページから。短い時間でお安く撮影するプランもありますよー。

『雨樹一期写真事務所』


000346010035

個展「観覧車」
会場:「myu farm」ハコギャラリー(大阪府堺市)
日程:6/26(金)〜28(日)
時間:26・27日 9:00〜18:30
   28日 9:00〜18:00(17時より搬出になります)
* 駐車場あり

詳細はコチラ


 

Continue Reading

フレブル撮影会〜デジタル一眼編


_DSC6537

3人の絵日記で開催したフレブル撮影会。猫が好きだけど、フレブルをいつか飼いたいって思っている僕にとっては、とても楽しかったです。
2日でたっくさんのフレブルちゃんと出会いましたからねー、さらに我が家に迎えたくなりました。これも一つのきっかけかもしれないけど、最後はタイミングだと思うんですよね。ペットショップやブリーダーさんから探す、というのではなくって、いつかふいに巡り会えるものだと思っています。

イベントの撮影会はデジタルとトイカメラに分けて撮影。
僕の本業はフィルムですが、デジタルもかわいくて素敵な写真がたくさんありました。フィルムにはフィルムの、デジタルにはデジタルの良さがありますね。
デジタルでは、柔らかさや優しさを意識しつつ、あまり連写はせずに、いい空気を感じた瞬間に撮っています。表情や仕草もあるけど、そういう「いいな」って思う瞬間もありますよね。
それは、「見られている」「撮られている」という感覚が薄い瞬間なんだと思います。

撮影日はずっと曇り。晴天の方が光がキラキラしていていいんだけど、暑いのが苦手なフレブルたちにとっては、曇りの方がいいですよね。5月でこんな暑くなるとは思わなかったな。最近の方が涼しいです。

てことで、撮った写真を少しシェアさせて頂きます。

_DSC6565

一枚目の写真と同じ、ポプリちゃん。

_DSC6554

きよしさんとこのくましが友情出演。

_DSC6643

ひゅちゃんとカイ君。

_DSC6605

超広角レンズで魚眼風に撮影。

_DSC6864

cocoちゃん。お尻から失礼しました。後ろ姿って好きでつい。

_DSC6779

笑顔がめっちゃステキなご家族〜。

_DSC7059

雷蔵くんとレイラちゃん。トートバックはCANDYちゃん。この写真お気に入りです。

_DSC7056

お散歩風景ですね〜。

_DSC6936

撮影にご参加して頂いた皆々さま、しあわせと可愛いをたくさんありがとうございましたー!

ペット・家族撮影のご依頼はコチラのページから。短い時間でお安く撮影するプランもありますよー。

『雨樹一期写真事務所』

Continue Reading

フレブル撮影会、無事に終了致しましたー!!


_DSC6889

ボダイジュカフェでの展示も今日から折り返し。土曜日と日曜日はイベントで、デジタルとトイカメラに分けてフレブルちゃんたちを撮影。

思っていたよりも撮影枚数があってデジタルは転送だけで時間が。フィルムも膨大な数に。
デジタルはまだ全部は見れていませんが、なかなかいい感じ。少し編集してから参加して頂いたみなさんにお渡しします。ちょっと時間はかかりそうですが、今週中には。

フィルムは現像に出してからですが、一週間ほどでお渡し出来るかなぁと。

いやー、にしてもみんな個性的で可愛かった。

本日、僕はカフェに在廊出来ないですが、火曜日からはまた頑張ります〜。メルヘンな展示を見に来て下さいね〜〜。

まだもう一回、土曜と日曜がありますが、イベントも終わりほっと一息。次の土曜よ日曜はゆっくり出来るかなー。


■ 大阪のBodaiju cafeにて「3人の絵日記」開催します。

「展示」の詳細

Continue Reading

フレブルカフェ


kumac02

3人の絵日記の展示期間中、ボダイジュカフェがフレブルカフェになります。

■ 日程:5月30日(土)、31日(日)
■ 時間:16:00~18:00
■ 定員:30~40名ほど   ケーキ+1ドリンク付き/ワンちゃん用ごはん
●1ペア…¥2000(飼い主さんとワンちゃん)
●1匹増えるごとに+¥300
●人だけ参加…¥1500

【注意事項】
※ワンちゃんにはおむつを付けてご来店下さい。
※ソファーには乗せないで下さい。(抱っこはOK)
※事前申し込みが必要です。


☆ 参加の申し込み ☆

お名前、電話番号、参加日、人とワンちゃんの人数を添えて、きよしまでご連絡下さい。 ratfink-love-777@oct.zaq.ne.jp

または、僕のFacebookにメッセージかコメント下さい。

いずれも、お申込みは5月26日まで、定員に達し次第終了致します。

□ その他のイベント
30日・31日はフレブル撮影会
30日には、雨樹一期の特大キャンバス写真に、きよし・momo ironeによるライブペイントを開催します。

_DSC6249


 

Continue Reading

美容室・雑貨店「FREE」


000421280005前々からお世話になっている美容室・雑貨店の「FREE」。
所在地は大阪府堺市の中百舌鳥。

ちなみに、中百舌鳥で「なかもず」って読みます。  

初ポートレートの依頼がFREEさんからだった。
僕がどこに住んでいるか分からず、「撮って欲しい」とメールがきた。
それがたまたま原チャで30分ほどの距離だった。  

Continue Reading