和泉リサイクル環境公園と万博公園のコスモス


000722870011

和泉リサイクル環境公園の『台風通過後のコスモス』。倒れているのは承知で行きました。泥の中で咲く健気さは美しいと感じた一枚。

000722870003

こちらは万博公園の「雨の中のコスモス」。雨にもかかわらずたくさんの方が撮影されていました。期限切れフィルムを使用したので、ザラザラしていますが、雨の雰囲気とも合っているような気もします。雨だし、傘をさしてるし、ブロニカは重たいし、とりあえず撮っておけーって感じでしたが。もうちょっとじっくり撮れば良かったなぁ。

一日雨になってしまったワークショップだったんですが、こんな機会がないとこの条件下では撮らないので貴重な写真です。
ま、そこらへんは僕にとってはあまり貴重でもないかもしれないけど(笑)。

 

Continue Reading

娘にとっての『デジタルとフィルムの違い』


_DSC3211l

久しぶりにデジタルで娘撮影。大きくなって外でたくさん遊ぶようになったこともあって、最近はもっぱらフィルムでの撮影でした。

相変わらず動き回る娘の撮影は難しいです。望遠レンズで開放気味に撮るとピント合わせが大変ですね。今回はやけにズレを感じたので、もしかするとピントズレが出て来たのか、ただ腕が鈍ってるのか。とりあえずメーカーに出すか、一度チェック&調整しないとダメかもしれません。

ちなみに、なぜかフィルムで撮る時はやたらポーズもしてくれるので、僕にとってはフィルムの方が簡単だったりします。

_DSC3213l

望遠といってもそんな遠い距離でもないんですけどね〜。だから当然僕とカメラの存在には気付いてます。でも、カメラ目線もなければ顔も真顔(笑)。

ちなみにフィルムのパトローネを見ると、「フィルム!」「パパの大事なもの!」という認識はあります。いまの日本の二歳児でフィルムを知ってる子はどれくらいいるんだろうな。娘のお友達は当然知らなくて。それを説明するのがめっちゃ難しいです。

 

Continue Reading

ゆるふわレッスンの一枚


000719780003

今や貴重なタングステンフィルムです。もう我が家の在庫も数えるほどになってしまって、手放すのがだんだん惜しくなってきました(笑)。惜しみなく使いたいなぁ。

白飛びするかしないかの微妙なラインで撮影したいけど、マニュアルカメラで曇天の時はそのギリギリを狙うのが難しいです。

思いっ切り飛んじゃっているのが好きな人もいるし、それは完全なる失敗だと言う人もいますよね。僕は明るめに撮ることが多いですが、被写体はハッキリ見せつつも、そのギリギリラインが好きかな。

000719780015

 

Continue Reading

【大阪10/13(金)】ゆるふわ写真の撮り方(和泉リサイクル公園)


000349520004
写真に女子力があるとよく言われます。はじめは女性だと思っていましたー、とかも。

いえいえ、ただのおっさんです(笑)。

そのくせに、ちょっと可愛くハイキーに撮ることが好きです。誰かに見て貰いたくて撮っている部分もあるので、癒される、ホッとする、心がふわっとする写真がいいなぁと。
逆にインパクトのある格好いい写真も好きなのですが、このワークショップでは可愛いゆるふわ写真の撮り方に焦点を当てています。

平日の金曜日、午前中(10時〜13時)での開催になります。場所は和泉リサイクル環境公園です。ただ最寄り駅がない場所ので(笑)、電車でお越しの方は光明池駅から送迎いたします。

相性抜群のレアフィルムを一本お渡ししますが、デジタルのご持参も可能ですよ。

お申込みはコチラより。

 

Continue Reading

フィルムの現像について


000546180016
僕は全てトイラボさんにお願いしています。現像以外でも何かとかなりお世話になっています。この出会いがなければ、写真家活動も続けてこれなかったかもしれません。

てことで、今回はちょっぴり「物申す」記事です。といっても、ここを見てくれている方が対象ではないので、意味はないかもしれないけど。

昔、といっても10年くらい経つけど、僕も現像所に勤めていました。
写真の仕事も忙しくなってきたのと、本気で取り組みたくって辞めたけど、暗室での現像やフィルムのカットなど1人でいろいろやっていたからそれなりに大きな穴だったので、週明けの忙しいときだけってことで復帰しました。現像機を動かして、コントロールストリップ(コンスト)というフィルムを通して現像液の濃度の点検もしていましたね。
復帰したのは利点もあります。お金のことはもちろんですが、自分のフィルムも一日の最後に現像していました。

数年はそんな感じで続けたけど、そこもついに潰れちゃって。で、どこに現像出そうかなーって探していて、創業直後のトイラボさんに辿り着きました。
トイラボさんも、創業前にどういったサービスで展開していくかで試行錯誤されていて、僕のブログも参考にしてくれていたようです。写真集も購入してくれていて、個人的に連絡を取るようになりました。

僕にとって、無くてはならぬ存在です。なので熊本地震の時はめっちゃ心配で動揺して、そんな僕の姿を見てウチの娘も泣き出してしまったほどです。

000539490012
ここで僕が言うのも意味があるかは分からないし、内情を全ては知りませんが、トイラボさんのサイトにも記載されているように、熊本地震以来、現像料金の未払いがかなり増えているようです。地震後に増えるというのもなんかね。

お世話になっているからというだけでなく、単純にトイラボさんの提供している『現像+データ化』は便利だし、いろんなフィルムやカメラに対応してくれるし、社長さんの人柄も好きだし、仕事も丁寧で品質も良いので、色んな方に勧めています。

フィルムの現像所をネット検索で探していて、僕のブログやトイラボさんのHPで連載中のコラムに辿り着いた方もたくさんいるかと思います。僕経由でトイラボさんの存在を知った方もいるかと思います。もしかすると、その中に料金未払いの人がいるかもしれない。なんて思うと、逆に迷惑をかけてるかもしれない。

払い忘れで期日後に払うとかならまだしも、フィルムを送る前から払う気のない方もいるみたいです。激務のようですが、未払いさえなければ人員も確保出来るのかなと勝手に感じています。
フィルムもまだまだ人気だし、ずっと営業が続いて欲しいですからね。僕も細々ですが自営業です。仕事しても、お金を払ってもらえなくなると辞めるしかありません。

000539510015
フィルム好きとして、フィルムをやっている方とはある意味同士みたいなもの。でも、中にはそんな人もいるんですね。食い逃げみたいなものです。お金は感謝の対価です。だから、仕事も誠心誠意です。

近年の写真のマナーの悪さにしかり、自分のやっていることの恥ずかしさに気付けない方がいるってことがとても残念です。

先日、写真の楽しみ方の秘訣を書きましたが、最低限のモラルを守ってこそです。いい写真を撮るためなら何でもやってオッケーなんてありえませんよね。

 


 

Continue Reading

いつかのコスモス


0005395500120

忙しい日々から少しだけ解放。今週もやることはたくさん残っているけど、とりあえず自分のペースで出来る。
てことで、まぁ今年はまだプライベートでは写真をあまり撮っていません。

撮らない日々が続くと、ストレスがたまり、体調が悪くなるようです。
寒いけど、健康の為に撮りにいかなくては。

 


 

Continue Reading

相棒『LOMO LC-A』の魅力


000539490024
HORIZONもいいのですが、やっぱり僕にとってはLC-Aが一番です。描写はもちろんのこと、見た目や重量感もいいんですよね。安っぽさもなくて、シャッターを押した感触も悪くない。後は鞄に入るコンパクトさがいいですね。

HORIZONはちょっとでかくって重たい。軽量なデジタル一眼でもやっぱり重たいし、かさ張りますからね。どこにでも連れ出せるカメラって結構重要だと思います。

最短距離は80cmと遠いのですが、クローズアップレンズなどを使えば接写することも可能だし、極めればどの距離でも撮れるようになります。

目測でのピント合わせも使いようですよね。
僕にとっては、「写真はこうやって撮りましょう!」なんて既成概念や固定観念をぶっ壊してくれるカメラでもあります。

000539490023


てことで、LC-Aをショップに数台追加したので、少し購入を考えている方はチェックしてみて下さいね。

「CAMERA SHOP」

_dsc2709

Continue Reading

愛機『HORIZON PERFECT』の魅力


000546230017

このファインダーで空を眺めて撮影すると、絶対にハマります。これまでの狭い視野がぶっ壊れる感じですね。
パノラマなので余計なものが写り込んでしまうかもしれませんが、それを補うだけの破壊力はあります。

たまに縦でも撮影するのですが、これもまた好きです。普通に撮ると自分の足も写ってしまうくらいワイド。花も空も思いっ切り堪能出来る写真が撮れます。

中古で手に入れて5,6年くらいかな。少しずつボロボロになってきています。
自分で出来る程度の小さい修理やメンテナンスはしていますが、横浜では丸い部品が外れて円を描くように転がって溝にダイブしました。
撮影には必要ない部分ではありますが、そろそろ二台目をゲットしてこちらを予備にしたい。でもそこを踏み切れないのは、単に予算的な都合ではなくって、愛着があるからなんですよね。

キレイな話じゃないけど、たとえば手垢の汚れや汗を吸い込んだストラップ、ボディーの傷や塗装の剥がれ、そういうものがあるからこそ持った時の感触がしっくりくるんですよね。全てが染み込んでいます。

もちろん、ちゃんと拭いてあげたりもしていますけどね。この感覚分かる方いるかな? 
これは僕にとってフィルムカメラ特有な気もします。

 


 

Continue Reading

NATURA CLASSICAでの多重露光


000539530005

NATURA CLASSICAでの多重露光。36枚撮りきって、巻き戻してまたはじめから撮ります。
自動で巻き上げなので実はコマ間のズレは出来ません。

それも含めて、しっかりと撮れるカメラなので、しっかりと重なってしまいますね。多重露光と相性がいいのはやっぱりLC-Aなんだな(僕の中では)。

多重露光は暗い部分や黒い部分に次の画像が強く重なります。でも黒い服にも同じようにしっかりと重なってしまっていますね。
一応、髪の毛に重なった赤い花は強さも変わっていますが。

逆に、明るい部分や白はハッキリと残ります。なのである程度コントロールは可能です。

000539530021

おちょけ顔。
ポージングもいろいろやってくれます。いい専属モデルになってきました。

 


 

Continue Reading

想いを伝えること


000539540014
想いを伝えることは大切です。

言えなかったことに、いつまでも後悔する人はたくさんいます。

だから、たとえ結果が分かっていても、たとえ分かり合えなくても伝える方がいい。

大切なのは結果だけじゃない。その勇気を持てたことだから。
言わないよりも、言って良かった日はいつか来るから。

きっと、そうやっていつか大切な人に巡り会うものだと思っています。

 


昔はこんな想いをポエムチックに書くのが好きでした。
比喩やら表現に凝ってしまって、意味不明な詩になっていましたけど。

夜な夜なミスチルの古い曲を聞いてたらセンチメンタルになってしもうた。
あー、なんだかカラオケに行きたい。

 

 

Continue Reading
1 2 3 5