【大阪10/9(祝・月)】光漏れorレッドスケール制作ワークショップ


000705560033
10月は9日の祝日から15日まで、一週間ぶっ通しでワークショップを開催するのですが、それぞれの告知も薄くて人数はあまり集まっておらず、このままだと全日マンツーマンになりそうな勢いなのでちょいと、いや全力で告知していきます(笑)。
(15日の「僕とフィルムスワップ」だけはほぼ満席です)

9日は大阪、名古屋、東京などで何度か開催している「光漏れorレッドスケール制作ワークショップ」になります。

上の写真は江戸東京たてもの園での一枚。光漏れ&多重露光もしています。
下の写真はレッドスケール。今週末のWS開催地のすぐ近くにある、名古屋の市政資料館で撮影したものです。この雰囲気も好きです◎

000406340010

フィルムって結果がその場で分からないので、不便でもあり、それが楽しみでもあるのですが、それの究極が光漏れフィルム制作です。そこそこベテランの僕もこれは全くよめません。
いろんなカメラやフィルムを使ってきて、想像通りの写真が撮れるようにはなりましたが、これだけは大成功と大失敗を繰り返しています。

いろいろ実験的にコントロールしてみようと模索中ですが、想像付きすぎてもちょっとつまらないような気もしています。こんな内容なのですが、みなさん楽しんで頂けているので、これからもやっていきたい内容です。

◆ 年内のワークショップ一覧はコチラ

 000672200014

 

Continue Reading

また夏が終わる


000699650004

夏もあっという間に過ぎましたね。関東方面の方は冷夏で夏をあまり感じないままに終わったんじゃないでしょうか?

もうここから年の瀬までは一瞬です。きっと、最低限の目標をクリアしたとしても満足感は得られないです。イレギュラー的に何かやってこそです。

真面目にコツコツやっていたら、少し何かに挑戦していたら、イレギュラーにも出会えるのかな。

とはいえ、集中力が少し低下しているなーと感じます。やる気がないわけではないんだけど、一つの作業をやり始めたのに、気が付けば違うことをやっていたりします。

TO DOリスト作るとか、時間をしっかり区切るとか、他のことはやらないってしっかり決めないとダメですね。

 

 

Continue Reading

10点満点の写真の撮り方


nagoya01

当たり前だけど、公開している写真より、していない写真の方が圧倒的に多いです。

でもその中にはお気に入りもたくさんあります。なんとなくタイミング的に出さなかったり、その時は普通だったけど今になっていいなと思える写真があったり。

ちなみに、10点満点で7〜8点はたくさんありますが、9点は一年に数枚。

撮影時『これは9点やろ!』って思っていても、撮れた写真を見ると7点だったりします。逆に『7点かな?』が、9点だったこともあります。

写真家たるもの満点を追い求めているわけですが、これは狙って撮れるものではなくて、何らかの奇跡が起こって『じゅ、10点やんけー!』となります。これまでに撮って来たご褒美かもしれませんね。撮り続けることで巡り会えるものだと。

なんて、くどくどと書いてみましたが、実際に撮っている時に点数なんて考えていません(笑)。ただ、今日の写真もそうですが『これはいい!』って構図や瞬間を感じることはあります。

写真を撮っていて一番楽しい瞬間かもしれませんね。

 

□ 今年のワークショップ日程
【東京】
・9/9(土) 生産終了モノクロフィルム
・9/10(日) 日本未発売リバーサルフィルム(キャンセル待ち)
・11/3(金) 企画中→LOMO LC−A(+)の革の張り替え&メンテナンス方法
・11/4(土) 企画中→期限切れフィルムで谷中を撮影
・11/5(日) 企画中→日本未発売リバーサルフィルムで谷中を撮影
詳細

【名古屋】
・9/24(日) 13時〜16時 日本未発売リバーサルフィルム
詳細

【大阪】
・9/17(日) フィルムで操る色彩(神戸異人館)
・9/21(木) フィルムで操る色彩(神戸異人館)
・10/ 9(月)  光漏れフィルムorレッドスケール制作
・10/10(火) 日本未発売のフィルム
・10/11(水) 使い捨てカメラからモノクロをはじめてみよう
・10/12(木) 写真をずっと続けていく秘訣(淀屋橋)
・10/13(金) ゆるふわ写真の撮り方(和泉リサイクル公園)
・10/14(土) 多重露光の基礎とコツ
・10/15(日) 雨樹一期とフィルムスワップ(万博記念公園)
・10/19(木) 雨樹一期とフィルムスワップ(万博記念公園)
・11/16(木) カメラシャッフル(中之島バラ園)
・11/19(日) カメラシャッフル(中之島バラ園)
・12/17(日) 被写体の捉え方(淀屋橋)
・12/21(木) 被写体の捉え方(淀屋橋)
詳細

 

Continue Reading

BRONICA(ブロニカ)を採点してみた!


_DSC3524

ブロニカを使いはじめて8ヶ月が経ちました。僕的には「あれ?まだそんだけか」って感じです。
まだ少し先ですが、11/16と19のワークショップは『カメラシャッフル』です。僕が持っているカメラを10台くらい持って行き、それぞれの特徴や使い方をサンプル写真をお見せしながらお話します。その後、実際にカメラを選んで頂いて撮影に行きます。
こちらからどのカメラを持って行くかまだ決めていませんが、ブロニカは持っていきます(故障さえしていなければ)。カメラって使ってみてその良さに気付きます。描写もガラッと変わります。僕がフィルムカメラを好きな理由の一つです。

てことで、ブロニカちゃん。勝手ながら採点してみました。

描写 ★★★★★
画質 ★★★★☆
価格 ★★★☆☆
操作性 ★☆☆☆☆
使い心地 ★★★★★
携帯性 ☆☆☆☆☆
デザイン ★★★★☆
ファインダー ★★★★★

満足度 ★★★★☆

000654540012
とりあえず、第一印象は重たいです。気合いがないと携帯出来ません。

自分で購入したのではなく、父親の友人の母親に譲ってもらったのですが(ややこしいな)、使い方(操作性)が全く分からず数年間放置していました。マニュアルなので一枚撮るのに時間はかかります。ただ、一枚撮って巻き送りをグルグル回す時は快感だし、使い心地はいいです。

価格は3〜5万円ほど。同じような形のハッセルブラッド (Hasselblad )は10万オーバーですからね。それに比べるとお手頃です。

画質はとてもいいです。デジタルほどのパキパキ感はないですが、それがまたGOODです。

特に気に入っている部分は、ファインダーを覗く行為がめちゃくちゃ楽しいことです。無骨なボディーは格好良く、その描写には一目惚れです。

 

さーて、来週のこの時間は。
『僕の一番の相棒、LOMO LC-Aの採点』です。お楽しみに〜(なんつって)。

 

『カメラシャッフル ワークショップ』
・11/16(木) カメラシャッフル →詳細
・11/19(日) カメラシャッフル →詳細

 

Continue Reading

世界は素晴らしい


000630660007l

明るく、低彩度に、暗く、鮮やかに、格好良く、柔らかく、緩く、ノスタルジックに、光漏れをさせて、多重露光をして、トイカメラで、一眼で、デジタルで….

と、僕はいろんなカメラで様々な撮り方をしていますが、いまだに絞りきれていない部分はあります。作家的に考えると多重や光漏れを極めていくのがいいのですが、そもそも本当は一枚撮りが好きなんですよね。その場の空気感をそのまま切り取るだけでも充分に世界は素晴らしいですから。

悩んでるいるわけでもないですが、絞れていないなーと。だからこそ飽きないというのはありますけどね。写真は奥が深いのでどんどん潜ってとことん楽しみたいです。

あわよくばですが、どんな撮り方をしようと僕の写真と分かってもらえるのが理想ですね。

 

そんないろんな世界を見て頂ける展示になればと思っています。
「気持ち太極拳・繊維街文化堂」のオープン記念展『パラレル宝箱』

 

Continue Reading

フィルムらしさとデジタルっぽさ


000687710004

いま一番好きなフィルムはRetro Chrome320です。東京、名古屋大阪ではこのフィルムを使用したワークショップもいたします。
一言でいうとフィルムを体感出来るフィルムって感じですね。フィルムらしさの究極。このザラザラ感はほんとにたまりません。元々がレトロ志向でフィルムをはじめたので、この描写に一目惚れでした。

000134420027

逆にコダックのEktar100なんかはデジタルに近いです。LC-Wideで撮ったのですが、めっちゃシャープでザラ付きも全くありません。数日前の記事でもフィルム別の違いを掲載しましたが、ここまで両極端の描写を並べると面白いですね。

 

・9/17(日) 『フィルムで操る色彩』 詳細・お申込みはコチラより
・9/21(木) 『フィルムで操る色彩』 詳細・お申込みはコチラより

その他のワークショップはコチラ

 

Continue Reading

フィルムカメラを始めてみたい方へ


000672640009l
地味かもしれないけどお気に入り。こういう写真ってインパクトは少ないけどあまり飽きがこないです。
フィルムが好きな理由はいくつもありますが、その中でも大きいのはフィルムを選べることです。フィルムをあまり知らない方はフィルムって一種類しかないと思いがちですが、モノクロも含めると30種類以上あります。富士フィルムやコダックやローライなど、同じブランドから数本販売されています。そしてどれを使うかで写真そのものの雰囲気はガラリと変わります。

000654480004
派手にしたいのか、ゆるふわにしたいのか、ノスタルジーにしたいのか。それをフィルムで選ぶことが出来ます。撮影場所に行ってみて、どのフィルムを使うか(どんな色味・雰囲気で撮りたいか)決める瞬間がとても楽しいです。

000654540008

大阪で毎月開催中のワークショップですが、9月はそんなフィルムの基本的な楽しみ方をお伝えします。
今回は大阪ではなく兵庫県になります。10種類ほどのフィルムの特徴をサンプル写真をお見せしながらレクチャー、その後に異国情緒漂う北野異人館街の町並みにて撮影会をいたします。

毎回マニアックな内容で開催していますが、今回はこれからフィルムをはじめたい方にもオススメのワークショップです。カメラをお持ちでない方にはレンタルも可能ですよ。

・9/17(日) 『フィルムで操る色彩』 詳細・お申込みはコチラより
・9/21(木) 『フィルムで操る色彩』 詳細・お申込みはコチラより

その他のワークショップはコチラ

 

 

Continue Reading

『被写体と向き合う』とは?


000672210003
最近は観覧車を撮る機会が減りました。行きやすい場所は行き尽くしたのもありますね。あとせっかく遠路はるばる行ってもゴンドラが無かったり、解体中だったりもしますよね。
巨大な観覧車もいいけど、やっぱりこじんまりとした、ちょっとサビちゃってるやつが好きです。今後はそれが無くなっていくので、やっぱりそれも撮るなら今の内ですよね。今後建設される観覧車はそれこそ日本一高いとか、そういうものばかりになりますもんね。

その中でもコスモワールドの観覧車は割と好きです。撮る方向によって背景が開けていたり、ビルが並んでいたり。夕暮れ、ライトアップ、いろんなパターンで撮影が出来ます。

000546220003

観覧車はいろんな場所に撮りに行きましたが、一つの観覧車でもいろんな方向から撮ったり、フィルムや現像方法で表情をガラリと変えることが出来ます。花だろうとポートレートだろうと、どんな被写体でも同じことですね。

これも被写体と向き合う方法だと思います。

000546480015

 

Continue Reading

『レッドスケールor光漏れフィルム制作WS』の写真


000679610018

毎月、日曜と木曜日に大阪で開催中のワークショップ。
第二回の7/16(日)は『レッドスケールフィルムor光漏れフィルム制作』でした。制作後は空堀で撮影会。

僕は事前に制作していたレッドスケールで撮影。

000679610001

漫画やドラマでしか見た事ないレベルの看板落ち(笑)。ステキですわー。
ちなみに上下が薄ら青いですが、ついでに光漏れもさせてみました。

000679610031

青っぽくなったり、黄色〜緑っぽくなる部分もありましたね。
やっぱりどちらも面白い。

次回の『レッドスケールor光漏れフィルム制作』は10/9(月)の祝日に開催します。
詳細&お申込みはコチラより。

 


 

Continue Reading

『期限切れフィルムでレトロ商店街を撮るWS』の時の写真


000679620005

毎月、日曜と木曜日に大阪で開催中のワークショップ。
初回は『期限切れフィルムで撮るレトロ商店街』でした。3〜10年ほど期限が切れているものをこちらで準備、参加者に選んで頂きました。
保存状態もさまざまだったので、割としっかり写っている方も、めっちゃ薄くなった方も、アンダーになった方もいたかと思います。

000679620008

モノクロの期限切れは少しザラ付きが出たかなという程度で、そこまで劣化は見られませんでした。

000679600005

こちらは富士の業務用フィルム。このハレーションは期限切れによるものなのかな。全体的に色がもっさりとした感じになりました。悪くない仕上がり。
ちなみにこの商店街は地元。いまや営業しているお店はポツポツですが、ここのお好み焼きは100回以上食べたと思います。豚玉が200円とかだったかな、安くて美味しかったんですよねー。

000679600016

商店街出口の果物屋さん。期限切れの不思議、通常は色が薄くなるのにこれは逆に濃厚ですね。ベタっとしてます。仕上がりが読めないフィルムはやっぱりドキドキするし、面白いですね。

 

次回の大阪WSは、
・8/17(木) 多重露光の基礎とその応用 詳細・お申込みはコチラ
・8/20(日) 夏空とクロスプロセス 詳細・お申込みはコチラ
*いずれもあと数名で募集締め切りとなります。

 


 

Continue Reading
1 2 3 12