水面に映る廃観覧車


000184750019

一週間WSは最終日のみ雨。もう一日堪えて欲しかった。。

写真は今は無き観覧車。この日は朝から撮影していて、夕方に観覧車に辿り着いた。この日のメインだったのに、撮影中ゲリラ豪雨に。
傘も持っていなくてボトボトになったけど、撮影にストイックだった頃なので、傘と着替えの服を買って、雷がドッカンバリバリ鳴りまくっている中を再び撮影に。

月明かりと稲妻の光しかない中、大きな水溜りに映り込む廃観覧車を長時間露光で撮影。他にもたくさん撮ったけど、失敗のオンパレード。今ならもっと上手く撮れたのかもしれないけど、あの頃だからこそ撮れた写真もたくさんある。丸一日、朝から晩まで雨と雷をむしろ喜びながら、とにかく撮影ばかりするようなストイックな一日だった。

そんなことを考えていると、上達することよりも、ただただ夢中になれる時間の方が貴重かもしれない。逆に言うと、そういう過程が上達にも繋がるんだと思う。

丸一日とにかく撮りまくる、クタクタになるワークショップを考えているんだけど、、、誰も来ないだろうなぁ。

 

Continue Reading

異国よりも日本!?


000711150005

神戸異人館で見つけたトイプー。ちょろっと顔出しては引っ込んでを繰り返していました。かわいい。

空掘り商店街や中崎町など、大阪にもレトロな場所はありますが、なんていうか『オシャレトロ』ですね。先日の9日は新世界でワークショップを開催しましたが、参加者が男性のみという珍しいパターンだったのでよりディープ方面に行きましたが、いやー本物ですね。
昔に比べると通天閣の周辺は観光地っぽくなりましたが、奥へ奥へと進んで行くと途中で空気が変わります。本当に昭和にタイムスリップしたみたいな世界に。

危険度もそんなにある訳でもないと思いますが、大勢でぞろぞろする場所でもないので、また少人数で開催したいと思っています。

僕は神戸異人館の『異国感』よりも、新世界の『日本の昭和感』の方が好きかなぁ。てことで、異人館でのワークショップは今回きりになると思いますので、行ったことのない方やお近くの方はぜひお越し下さいませ〜。

 

10/29(日) フィルムで操る色彩ワークショップ(神戸異人館)詳細

 

 

Continue Reading

多重露光の撮り方ド定番【花+α】


000654170018

横浜多重露光ワークショップの一枚。僕が開催しているWSの中ではちょっとベタな内容です(次回は10/14の土曜日→詳細)。36枚撮り切ってから、巻き戻して、再度36枚撮ります。

キャンセル待ちの10/15(日)のワークショップはこれの応用です。僕が36枚撮ったフィルムに、参加者が撮り重ねていく内容です。

ずっとやろうと思っていた内容なのですが、その為にそれを準備するのが超大変。同内容の10/19(木)と合わせると15本作らなくちゃいけない。とりあえず11本まで制作完了。
ちなみに僕が何を撮ったのかは内緒です。だから結果も想像出来ません。ていうか、1本目とか何を撮ったか記憶にありません(笑)。

邪道かもしれませんが、これも写真の楽しみ方ですよね。

 

Continue Reading

モノクロで多重露光


img187l

かなり前に撮影したモノクロ多重。自分で現像とスキャニングしていたから、2010年くらいかな。んー、そんなに悪くはない。こんな昔にモノクロでも多重やっていたとは。しかも二重ではなく、四重露光。

とにかく毎日一人で撮影に出かけていた。知識とか技術とかは今程はなく、勢いで撮っていた時期。

でもこの勢いってのは大切で、それを突き詰めて自分の世界観が出来ていくんだと思う。

 

000185130029

来週の10月11日(水)のワークショップにキャンセルが出たため、あと一名募集です。
モノクロフィルムが装填された「Simple Use Film Camera」で撮影に出かけます。カメラ付きです。使い方、フィルム交換方法、モノクロのお話も少し。

お申込みはコチラより。

 

Continue Reading

【10/29(日)大阪ワークショップ】と神戸異人館のTPO


000710530028

10/29(日)開催の大阪ワークショップは、こちらで様々なレアなフィルムを準備。それぞれの特徴などをお話後、神戸異人館で撮影をします。

先日、木曜日開催WSで行ってきました。上の写真はスタバですが、景観を損ねない様な建物となっています。

000710530012

ローソンも出しゃばらないデザインですね。

000710530014

セブンイレブンも同じく。スタイリッシュでお洒落です。むしろ街中の店舗もこれの方がいいんじゃないかと思います。

ご当地コンビニですね。甲子園の近くには阪神タイガースカラーのローソンもあるみたいですね。

 

10/29(日) フィルムで操る色彩ワークショップ(神戸異人館)詳細

 

 

Continue Reading

センチメンタル フォーティー


000706030020

電柱に電線。僕にとっては被写体の一つです。
横浜WSの時にやけに空がスッキリしているなーと思ったら、もう地中に埋まっているんですね。いつかの未来にはそれが当たり前になって、電柱のある風景が貴重になるのかもしれません。

フィルムからデジタル化もそうですが、いろんなものを省いて、便利になって。ちょっと味気がないなぁーとセンチメンタルも感じます。

それとは少し違うかもしれませんが、最近娘が「パパ何歳?」と聞いて来るので「二十歳」と答えるんですが、「ちゃうやん!40歳やん!」って突っ込まれます。しっかりしているというか、ませているというか。。。

子供が健やかにたくましく成長していくことは何よりの喜びだし、普通に会話が出来るのは面白いのですが、ハイハイやつかまり立ちしか出来ない時期がすでに懐かしく、ちょっぴりだけ寂しくもあります。

 

Continue Reading

写真のバランスとは


000705550001

最近のお気に入りはブロニカで撮影したものが多め。小雨の中、コンビニへお菓子を買いに行く途中です。
いいサビ具合のガードレール、傘、じめっとした空気、背景の緑、赤い雨合羽の女の子。一見アンバランスなようで絶妙なバランスではないか、と。

「ちょっとここに立ってみて!」という、たまちゃんのお父さんばりな要求にも、楽しみながらちゃんと応えてくれます。

その数日後にここを通った時も、「ここで撮ったなぁ」とか言いながらまた立ってくれます。欲を言えば「ここで撮ったね」って言って欲しい。語尾の「な」は関西弁なのかな?

話がそれましたがカメラはブロニカ、フィルムはFUJIのPROVIA400Xでクロスプロセス現像。赤〜黄色かぶりをするので、ノスタルジーさも出ます。この空気感にもマッチします。

写真を撮るときは色んなものが映り込みます。それらを組み合わせながら、バランスを取ることが大切だと思っています。

 

Continue Reading

危険なのは…


000711100012
名古屋WSの撮影会の途中で立ち寄った公園。お久しぶりです、クルクル回る遊具さん。
昔は普通にありましたね。支柱の上に登ったり、全力で回して遊びました。そして遠心力で吹っ飛びます。
近頃は少しでも危険なものはどんどん撤去されていくので、すっかり見かけなくなりました。

子供をもつ親としては危険なものでは遊ばせたくないのですが、怪我もしながらいろいろ覚えていくのも大切だと思っています。その線引きは難しいし、やっぱり危なそうと思ったら注意するし、『これやめときー!』になってしまいますね。過保護な時代になったってことですね。

そして怪我の責任は子供ではなく、公園の管理事務所とかになすり付けるわけです。「そりゃたまらん!」ってことでトラブルの危機を回避し、先に撤去しておこうって流れもありそうですね。

000711100013

てことでとりあえず生徒を乗せて回しときました。外側から見るとゆっくりでも三半規管にダメージがあるので、スローです。
まぁ、なんで知っているかというとその前に僕が回されたんですけどね(回されとったんかい!)。

てことで、子供が遊ぶよりも、公園管理事務所よりも、大人が遊ぶ方が危険な遊具ということが分かりました。

 

【大阪ワークショップ】
・10/ 9(月)  光漏れフィルムorレッドスケール制作
・10/11(水) 使い捨てカメラからモノクロをはじめてみよう
・10/13(金) ゆるふわ写真の撮り方(和泉リサイクル公園)
・10/14(土) 多重露光の基礎とコツ
・10/19(木) 雨樹一期とフィルムスワップ(万博記念公園)
・10/29(日) フィルムで操る色彩(神戸異人館)延期による振り替え
・11/16(木) カメラシャッフル(中之島バラ園)
・11/19(日) カメラシャッフル(中之島バラ園)
・12/17(日) 被写体の捉え方(淀屋橋)
・12/21(木) 被写体の捉え方(淀屋橋)

詳細

 

【東京ワークショップ】
・11/3(金) 「高感度フィルム」で夜の谷中銀座
・11/4(土) 「期限切れフィルム」で谷中散策
・11/5(日) 「70’s SUMMER」or「Deep color100」 キャンセル待ち

詳細

 

Continue Reading

ピッカン光漏れ


000710460004

光漏れのフィルムを作る装置、的なものを作ってみた。まだまだ改善が必要というかほぼ失敗。フィルムを送りながら、全体にほぼ均一に光を当てることなら出来そうだけど、一枚ずつにパーフォレーション(フィルムの穴)を入れるとなると、一体どーしたらええんだろう。

光漏れはもっといろいろ出来そうなジャンルなんだけどなぁ。狙いつつもランダム感を出す装置。。。
そんなこんなで来週はそんな話も踏まえながらのWSです。

 

10/9(月) 13時〜16時 【光漏れorレッドスケールフィルム制作】

【料金】 5,000円 (税込み)
料金に含まれるもの
フィルム1本+カフェのドリンク代金。

お申込みはコチラ

 

Continue Reading

当たって砕けたら組み立てる


000274730024
写真家といっても、いろんな活動があります。向き不向きや性別もあるかもしれません。何を望まれているかで考えると、家族撮影なら女性に撮ってもらいたい、ポートレートなら男性に撮られたい。ふんわりなのか格好良くビシっと決めたいのか、漠然とですがどんな写真を撮っているかよりも、時には性別で優先されることもあります。

万人に選ばれる写真家であることは難しいです。
その必要はないのですが欲張ってしまいます。そして全部全部となると方向性も分からなくなってしまいます。自営業、自由業、フリーランス、中身はほぼ同じなんですが、何でも屋の方は多いです(笑)。僕も写真だけではなく、そこそこいろんなことが出来ます。
ちなみに、大阪なら色々出来る人が望まれて、東京では突飛した技術がある人が望まれる、と聞いたことがあります。

 

当たって砕けたら組み立てる

僕は自分でゼロから何かを発信していくことも多いので、それだけ失敗は多いです。たとえば、教室やろうとしても人が集まらないとか。
単発のワークショップならいいんですが、長期の教室だと開催は見送ることになります。もちろん、こちら側の都合ですから申込者にはただただ申し訳ない気持ちでいっぱいです。

でも、それを恐れて『集まるかどうか分からないから出来ない、やらない』だと、結局いつまでたっても何も出来ません。

基本的に人にご迷惑をかけずに生きたい人間なので、情けないやら申し訳ないやら、いろんなダメージはあります。それでも心を決めてとりあえずやってみます。とりあえずって言い方はどうなんだ?って思われるかもしれませんが、やらなくちゃ結果なんて分かりません。

過程に意味がある

結果がダメでも次に活かせます。過程だって大切な経験です。

生意気書いていますが、全て挑戦出来ている訳ではありません。悪い結果を考えて、架空の第三者に迷惑がかかるかもしれないからって、いい子ぶってしまうことがあります(笑)。でもそれで『出来ない』というのは、半分は言い訳です。

受け身ではなく、発信する側になりたいです。別に僕や写真家を目指す方に限らず当てはまることですね。個展をやりたいけど誰も来ないかもしれない、とか心配したとことろで、やらないと分からないし、その過程にも意味はありますからね。反省点も分かれば次にいかせます。

僕個人の前に『家庭』があるので、砕ける訳にはいかないのもありますが、『やりたいこと、叶えたいことがあればやってみる』ですね。

 

Continue Reading
1 2 3 36