『クロスプロセスワークショップ』の写真


000687700010

大阪WSの木曜日クラス。7月の内容は『クロスプロセス現像』でした。色の転び方は使用するフィルムによって変わります。基本的には緑系に転ぶことが多いですが、青色を出すこともできます。
そんなコツやフィルム別の色の転び方をお話しました。

000687700005

淀川の河川敷です。淀川ってめっちゃ広いですね。地元の大和川とは大違い。
色味は水色〜緑系ですね。

000687700006

こちらは緑が強く出ていますね。

日曜日クラスの『クロスプロセスWS』は8月20日となります。キャンセルで空きが出ましたので、興味のある方はぜひ。

【大阪】フィルムカメラWS(日曜クラス)の詳細・お申込みはコチラから。

 


 

Continue Reading

『被写体と向き合う』とは?


000672210003
最近は観覧車を撮る機会が減りました。行きやすい場所は行き尽くしたのもありますね。あとせっかく遠路はるばる行ってもゴンドラが無かったり、解体中だったりもしますよね。
巨大な観覧車もいいけど、やっぱりこじんまりとした、ちょっとサビちゃってるやつが好きです。今後はそれが無くなっていくので、やっぱりそれも撮るなら今の内ですよね。今後建設される観覧車はそれこそ日本一高いとか、そういうものばかりになりますもんね。

その中でもコスモワールドの観覧車は割と好きです。撮る方向によって背景が開けていたり、ビルが並んでいたり。夕暮れ、ライトアップ、いろんなパターンで撮影が出来ます。

000546220003

観覧車はいろんな場所に撮りに行きましたが、一つの観覧車でもいろんな方向から撮ったり、フィルムや現像方法で表情をガラリと変えることが出来ます。花だろうとポートレートだろうと、どんな被写体でも同じことですね。

これも被写体と向き合う方法だと思います。

000546480015

 

Continue Reading

夏空とクロスプロセス現像


000474810004

突然ですが、昨年フィルムで撮った現像種の割合です。
・ネガ現像 57本 (2014年65本・2013年100本・2012年101本)
・リバーサル現像 58本 (2014年39本・2013年64本・2012年81本)
・クロスプロセス現像 29本 (2014年41本・2013年63本・2012年81本)

年々クロスプロセスの割合は減っています。最近は柔らかく撮ることが増えてきたけど、昔はビビッドを求めていました。

ただ、夏になるとクロスプロセスをやりたくなっちゃいます。雲の立体感、青空、このギラギラはクロスとの相性は抜群です。近所で撮影をしていたのに、入道雲を追いかけて、気が付けば天保山に着いていたこともあります。原付で2時間くらいの距離です。アホです。

これも使うフィルムによって色味なども変わってきます。掲載写真はどちらもコダックのエクタクローム。生産は2012年で終了されましたが、今年のはじめに『2017年内に発売再開』のアナウンスがありましたね。
このニュースもそれっきりですが、どうなんでしょうかね。「やっぱやめとく」とかならなければいいんですが、楽しみに待っていましょう。このフィルムが復活するとまたクロス熱も加速しそうです。

000307880009

8/20(日)はそんなクロスプロセスのワークショップを開催です。講座にて9種類のフィルム別、発色の特徴をお話します。それぞれ色味も雰囲気もガラリと変わります。
クロスプロセスは実は失敗も多い現像方法です。失敗しない為の撮り方や、相性のいい被写体なども合わせてお話いたします。

詳細・お申込みはコチラより。

 

Continue Reading

いつまでもあると思うなよ。


000074390022
ちょっと偉そうなタイトルですいません(笑)。

永遠なんてありえません。失って気付くことばかりです。そんなお話。
人の死だとか恋だとか、そういうのはひとまず置いといて。

僕が写真をはじめた頃は、フィルムなんて選び放題でした。ただ普通に、当たり前のように使っていました。
今やその半数は幻の、伝説のフィルム。冷凍保存しているのが少しあるけど、かなり貴重なものになりました。

撮影場所だって同じ。そこに当たり前にあったものが無くなることがあります。
いつか行こう、なんて実現しないことがほとんど。

撮影に限らずですよね。会いたい人、行きたい場所があれば、その為に時間をつくらないと本当にいつかで終わってしまいます。

「いつか」なんて結局は「気が向けば」程度の想いなのかもしれませんが、本気で後悔する時もあります。

000027590009
写真はどちらも滋賀県。廃園後もずっとそこにそびえ立っていた観覧車はもうありません。
蓮の群生地は、昨年より蓮が育たなくなりました。
今年はどうなるのか分かりませんが、当たり前にあったものはいつか無くなる。

それくらいの想いがある方が行動も出来るし、後悔も少ないかもしれませんね。

遅いよりも早い方がいい。


 

Continue Reading

本日より個展開催です!


000583880019
「雨樹一期のトイカメラ遊園 Vol.3 〜ヒカリのキセキ」
無事に搬入も終わりました(展示物が落下しませんように)。

てことで、本日(14日)より開催です。いー感じです!

日程:2017.3.14(火)〜4.10(月) 11:00〜18:00

*最終日は15時まで
*カフェ貸し切りの日があります。ご来場の前にカフェHPにて
 予約状況を御確認下さい。
・現段階での1日貸し切り  3/26(日),4/8(土) この日は避けて下さい
・15時以降貸し切り  4/1(土),4/9(日)

 

場所:ボダイジュカフェ/Bodaiju Cafe

〒530-0026 大阪府大阪市北区神山町1-5扇町公園ビル1F 
TEL : 06-6361-3303
HP : http://www.bodaiju-cafe.com/
地下鉄堺筋線扇町駅6番出口より梅田方面に徒歩3分 
各線梅田・泉の広場より扇町通りを扇町公園に向かって徒歩10分 

僕の在廊予定日
3/18(土) 11時~18時(物販はこの日より開始
3/20(月祝) 13時〜18時
3/23(木) 16時~18時
3/25(土) 13時~17時まで
3/29(水) 13時~18時
4/2(日) 12時~16時30分まで
4/9(日) 11時~13時

 

000245530008 

Continue Reading

あなたは昨年フィルムを何本使いましたか?


011
「毎日写真を撮っているんですか?」と、聞かれることがあります。でも正直、毎日は撮っていません。
フィルムとなると週に1〜2回、なんてこともあります。外出する時は鞄には絶対入れていますが、撮らないまま帰宅なんてこともあります。
デジタルは家で子供撮ることがあるので、ひっくるめるとほぼほぼ毎日撮ってはいるかもしれませんけどね。

 

一年のはじまりに、「昨年はフィルムを何本撮ったのか?」などを計算しています。ついでに撮った写真全てを見直して、月ごとのベストも選んでいます。

前置きが長くなりましたが、その結果をトイラボさんHPで連載中の新年一発目コラムとしてまとめました。
どのカメラで何本か、現像種など、2013年からのデータと照らし合わせながら紹介しています。フィルムをはじめた頃は年間で300本くらいは撮っていましたが、ちゃんと仕事になってからは減っちゃいましたね。

コラムの最後には横浜WSでの参加者の写真も掲載させて頂きました。

 

トイカメラの教科書第59回「2016年月別セレクション

 

 

Continue Reading

晴れたり曇ったりでフィルムを選んだり


0002754700099

大寒波きましたね。暑いのは大丈夫だけど、寒いのは苦手。それでも雪が積もった日にはテンション高らかに寒さも忘れて撮影したことが何度かあります。

とはいえ、一番テンションあがるのは春ですよね。青空の下の菜の花や桜を見るとウズウズします。
天気が悪い時は、悪さを隠せるようなフィルムをチョイスします。
この撮影の時は曇っていたので、今は無きタングステンフィルムを使用。デジカメのホワイトバランスでいう電球マークと同じ効果ですね。全体がブルーになります。コダックのリバーサルフィルムみたいに復活を熱望するフィルムですね。

ちなみに、数時間撮影している内にどんどん晴れてきたので、AGFA ULTRA100を使用。派手に撮れるフィルムで、同じく復活を熱望しています。

000274670018

 

カメラの個人レッスン

toylesson

 

Continue Reading

再販するコダックのリバーサルフィルムについて


000433200018
朗報ですね。吉報ですね。とにかく嬉しいニュースです。
2012年に販売終了したKodakのリバーサルフィルム「エクタクローム」が年内に販売再開とのことです。日本では未定ですが、おそらく入って来るでしょうね。海外から購入してもいいですね。その方が安いです。

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1037896.html

エクタクロームについては僕は数本残っていて冷凍保存していますが、使うたびに在庫が無くなっていくので(当たり前や)、その度に心が寂しーくなっていました(笑)。

で、エクタクロームと書いてるけど、何種類からあります。パッケージの感じだとエクタクロームのE100Gかな? 一番人気のあったE100VSかな?

エクタクロームは個人的にはクロスプロセスで使いたいフィルムです。やっぱりクロスした時のド派手な発色は他にはありません。E100GやE200だと青味が強くなる感じで、E100VSだと青〜緑系。EPPだと全体的な色彩が派手になるので大好きでしたね〜。

000497760007
せっかく復活するのにクロスプロセスで使うって邪道ですって? うん、邪道ですね。普通にリバーサル現像するのも好きですが、クロスの現実離れした派手さも好きなんです。
再販されたら教室やワークショップでも堂々と紹介出来る。

何にしろ、フィルム人気が高まっていることは嬉しいし、有り難いですね!
アグファのULTRA100も復活して欲しいなー。

 

 

カメラの個人レッスン

toylesson

1dayt

 

Continue Reading

「フィルムトイカメラ教室〜三期生Middle class」追加募集


%e9%9d%92%e3%81%ae%e6%99%82%e4%bb%a3

『フィルムトイカメラ教室〜Middle class(三期生)』

フィルムトイカメラ教室の四期生、フィルムカメラ外伝、来年スタートの教室を募集開始していますが、それとは別に三期生のミドルクラス(中級クラス)の追加募集を致します。こちらは木曜日開催となります。同じく来年の1月スタート。

募集がいろいろあってややこしいですが、
四期生→初心者の日曜日クラス
外伝→上級者の日曜日クラス
・三期生→中級者の木曜日クラス

になります。どこから学びたいかだけでなく、興味のある内容や開催日に合わせて選んで下さい。やっていることはマニアックなので、他のデジタル教室などに通われたことがある方も、初心者クラスからがオススメです。初心者だけど木曜の中級クラスを検討されている方は一度ご相談下さいませ。

□ 内容
フィルムカメラでの遊びも交えながら、写真のスキルアップを図る中級クラスになります。自作レッドスケールの作り方、桜の撮り方、トイカメラでの接写方法、フィルター術、光漏れフィルム制作、構図などを学びます。

□ 講座の会場
淀屋橋の貸し教室・ボダイジュカフェ(扇町)など。
*カフェの場合はドリンク代無料。

□ 時間
14時〜16時

□ 料金
3,500円
全8回 28,000円(一回3,500円×8回)
お支払いは2ヶ月ごと。14,000円×2回 (1/12・3/9)

1/12(木) レッドスケールフィルム、光漏れフィルム制作。
1/26(木) 撮影会
2/9(木) 講評会。フィルター術(接写、色味を変えての撮影方法など)。
2/23(木) 撮影会
3/9(木) 講評会。桜の撮り方、構図。
3/23(木) 撮影会。
4/6(木) 桜撮影会(桜撮影の為、第一木曜に開催)
4/20(木) 講評会。いい写真とは?

000274670007
* 内容は予定の為、変更の可能性あります。
* 撮影会は雨天決行ですが、大雨などの際は振り替え(またはご返金)になる可能性もあります。

お申込み、お問い合わせは以下の『お申込みページ』よりお願いします。

onomiti
1、お申込み後、数分以内に自動返信メールが届きます。
2、1〜2日以内にこちらから講座場所などを含め、折り返しメールを致します。
*届かない際は、PCからのメールを拒否設定されているか、迷惑メールに振り分けられている可能性があります。
「返信来ないよー」と言う方は、こちらにコメント頂くか、Facebookからのメッセージでお願いします。


 

Continue Reading

愛機『HORIZON PERFECT』の魅力


000546230017

このファインダーで空を眺めて撮影すると、絶対にハマります。これまでの狭い視野がぶっ壊れる感じですね。
パノラマなので余計なものが写り込んでしまうかもしれませんが、それを補うだけの破壊力はあります。

たまに縦でも撮影するのですが、これもまた好きです。普通に撮ると自分の足も写ってしまうくらいワイド。花も空も思いっ切り堪能出来る写真が撮れます。

中古で手に入れて5,6年くらいかな。少しずつボロボロになってきています。
自分で出来る程度の小さい修理やメンテナンスはしていますが、横浜では丸い部品が外れて円を描くように転がって溝にダイブしました。
撮影には必要ない部分ではありますが、そろそろ二台目をゲットしてこちらを予備にしたい。でもそこを踏み切れないのは、単に予算的な都合ではなくって、愛着があるからなんですよね。

キレイな話じゃないけど、たとえば手垢の汚れや汗を吸い込んだストラップ、ボディーの傷や塗装の剥がれ、そういうものがあるからこそ持った時の感触がしっくりくるんですよね。全てが染み込んでいます。

もちろん、ちゃんと拭いてあげたりもしていますけどね。この感覚分かる方いるかな? 
これは僕にとってフィルムカメラ特有な気もします。

 


 

Continue Reading