花の色気


_DSC1188

昔は一番好きだった花。ネガティブだった自分にとっては、雨が似合う、切なさも感じる紫陽花が、心地良かったのかもしれない。

いまはそれよりもポジティブになったけど、かといってその反対にあるような向日葵が一番好きとかではなく、その中間くらいにあるコスモスが好き。
….って、あくまで自分の中での感じ方だけど。

でもそうやって、花の雰囲気や色気を感じる心は撮影にもきっと活かされていると思う。

昔と今。技術的な部分はもちろん違うけど、感じ方や捉え方も変わったと思う。
「切ない花」じゃなくて、いまは「優しい花」。

 

Continue Reading

甚平と言えば夏祭りと言えば青春と言えば切ない、だからの撮影法


_DSC1415

お庭での撮影。柵が少し邪魔だけど、お気に入りの一枚。
二歳児の割に、でっかいシャボン玉作るのがなぜか上手い。

甚平、夏祭り、青春、切ない、ということで(笑)、少しアンダーでノスタルジーに。

ホワイトバランスは曇りマークに。
RAW現像で後から変更も出来るのでオートでもいいのですが、撮影する時にどう意識するかですよね。
撮って出しが理想です。後からいろいろイジルんじゃなく、完成の絵を想像して撮る。

考え方は人それぞれだから好きに撮ればいいんですが、プログラムオートで全部カメラ任せで撮るよりも、単純に楽しいです。

_DSC1412

小さいしゃぼんもお手の物。

最近はお隣さんとよく遊びます。一つ年上と、五歳上の姉妹。幼なじみですねー。
ベンチの後ろの柵を越えるだけだから、日が暮れるギリギリまで遊んでいます。

 


 

 

 

Continue Reading

夏祭りじゃないけど


_DSC1477

髪を切った後、シャワーは嫌だと泣き叫んでいたけど、甚平を着せたらご機嫌に。
祭りに行くわけでもないんだけど。

昨日は雨だったので花柄のレインコートを着せたら、それもすっかりお気に入り。
晴れた日でも着ていきそう。

かわいい服が好きなのはやっぱり女の子だからなのかな。

_DSC1400

でも、下駄は痛いみたい。

 


 

Continue Reading

紫陽花のいろは


_DSC1014紫陽花の中で、僕が好きなのは水色。

紫陽花はアントシアニン色素で発色が変わります。土の酸度の違いですね。
酸性だと青系。アルカリ性だとピンク系。その中間が紫。水色は、なんだろ?
よく分からないけど、濃い青よりも水色が好きです。

_DSC0969だから、自分好みの色に育てることも出来るみたいですね。いつかやってみたいです。
紫陽花だけではなく、季節ごとの花が咲く庭に出来ればいいんだけど、いまは花壇にラベンダーなどのハーブとトマトが埋まってるだけです。

どうせなら中途半端にチラっと咲くのではなくって、豪快に咲かせたいですよね。

_DSC1128額あじさいも好きだけど、知らない方も意外に多いみたいですね。
周辺にだけ花が咲くものと思っていたけど、中心の蕾みたいなものが花で、周辺が額(装飾花)みたいです。
ふーん、なるほどね。よー分からん。

_DSC1137


 

Continue Reading

蜻蛉池公園の紫陽花


_DSC1198l

岸和田にある蜻蛉池(とんぼいけ)公園で紫陽花を撮ってきました。いやー、めっちゃ咲いていました。一万株だって。そんな咲いてなくてもいいくらい咲いてます(笑)。

_DSC1210l
基本はいつも通りにゆるふわ。後はアンダー気味に撮ったり、ビビッドに撮ったりしました。レンズはマクロや超広角も使ったけど、やっぱりデジタル一眼だと望遠が多くなります。
どれだけ咲いていようと、結局は群生感を撮るよりも一株に絞って撮っちゃいますよね。

フィルムだと望遠はまず使わないし、群生を撮るんですけどね。使い分けというより癖かもしれない。だから次はフィルムカメラオンリーで撮りにいきたい。

_DSC1220

群生写真、ほとんど撮ってませんでしたね。
紫陽花はこれで半分くらいです。この反対側にもたくさん咲いていました。

 


 

Continue Reading

家族撮影はロケーション選びから


052002

フレンチブルドッグの家族撮影。昨年からのリピーターさんです。「写真も使っていいですよ」とのお許しがあるので、HPでも使用させて頂いております。昨年の写真はフレブル雑誌の「BUHI」にも掲載されました。

_DSC0180
今回の写真もまた掲載目指します。

_DSC0493
服装はさり気なくチェック(市松文様)で揃えられています。ワンコは蝶ネクタイ、旦那さんはシャツ、奥さんはスカート、バランスも絶妙ですね。ステキなご家族。

昨年は花と芝生がメインだったので、今回はシチュエーション、色温度などを変えながら撮影しました。光はもちろん、ロケーション選びって大切ですよね。どこで、どの方向から撮影するのか、瞬時に見定めるには経験が必要かもしれませんね。

家族撮影はこれまでにもいろんな場所で撮ってきました。撮影場所が決まっていれば、出来れば事前にロケ。それが無理なら少し早めに到着してロケ。ここが良さそうだなーって場所をチェックしておきます。

052001

もちろん、ブヒのみの撮影も。

_DSC0680

「愛とはお互い見つめ合うことではなく、共に同じ方向を見つめることである(サン=テグジュペリ)」

 


 

Continue Reading

子育ては体調不良との戦い!?


_DSC9931
幼稚園に行き出してから風邪をもらいまくりです。園の生活を楽しんではいるけど、精神的に無理をしているんですかね。ご機嫌ななめな時間が多かったり、夜泣きもありました。

こんな時。親が子をどうこうしよう、言う事を聞かせようとか考えると、どうにも出来なくってイライラしてしまいがち。
いろんなことを経験していく中で、毎日継続している事柄(ご飯や歯磨き)にも飽きてくるイヤイヤ期。だからこちらはなるべく機嫌良く、楽しそうに接するのがいいですね。強制したり、イライラ接していたら余計に嫌がります。売り言葉に買い言葉、みたいな感じですね。

日が暮れて来ても外で遊びたがるので極力遊ばせたり。夕方は虫が増えてくるとか、夜は怖いとか、身を以て体験していかないとね。
機嫌が直るスイッチみたいなものがどこかにあるんですよね。

そんなこんなで親はこのところ体調不良気味で、はや一ヶ月。体調不良の一つは空咳。娘からもらった風邪だとか、睡眠不足だとか、黄砂やPM2.5だとか、猫の抜け毛だとか、原因は分からないけど、そろそろしっかりと直さねば。いまはみんな体調不良。なぜか猫までも。
てことで、ワークショップなどのいろんな企画の告知が遅れちゃいました。

人生上がったり下がったり。今年はその波が大きい。いいことがある予兆かな。

_DSC0771

てことで、抜け毛で帽子をつくって被せてみた。

_DSC0766

次はもっと上手に作りたい。


 

Continue Reading

ゆるふわポピーとラベンダー


_DSC0080

これまでの教室やワークショップはフィルムばかりですが、デジタルもやりたいなと思っています。

って、数年前から思っています。思うだけじゃ実現しないので行動に移さなくちゃいけませんよね。
デジタルも個人レッスンでは教えているんですが、フィルムを広めたいというのが根底にあるんですよね。これも結局はどこかに所属しているわけではなくて僕個人でやっているので、やりたいこと優先しているのかもしれません。

_DSC0072

フィルムとデジタルどちらでもオッケーな教室がいいのかな。フィルムで教えることがマニアック過ぎるんだろうな。

露出や表現とかだけなくて、写真を続けていく秘訣やモチベーションを保つ方法。
そういうのも含めて考えていきたいと思っています。

 


 

Continue Reading

イメージフォトの撮影


_DSC9504
連休中に撮ったイメージフォト。いつもお世話になっているaritiginaoさんの製品です。今回はトイカメラ教室の生徒さんたちに協力してもらいました。暑い中ありがとう!

トイカメラ教室はフィルムメインの教室なので、僕はデジタルを持って行ったことはないけど、今回はデジタルでの撮影です。

_DSC8909

個人的に欲しいのが、この新作のメッシュトートバック。
夏っぽいイメージということで地元の海沿いの公園(堺浜の海とのふれ合い広場)で撮影。5月のくせに夏のような暑さでした。完全に油断してましたね。腕や首の日焼けが痛くて、その日の晩はうつぶせで寝ましたよ。

_DSC8979

でもロケーション的にはとてもいい場所でした。

_DSC89320
基本的に左右にはキャッチ用の余白も入れて撮影。
このメッシュバック、めっちゃ軽量でこれからの季節にピッタリ。おすすめです。

他にも財布やレザーバックなど、いろんな商品があります。
楽天ショップでも販売されていますので、気になる方はチェックを。

 

 

Continue Reading

たんぽぽの綿毛とケサランパサラン


_DSC0043

この時期、散歩に行くと見かけますよね。娘も好きで見つけたらふーふーしてます。

夏になると、たんぽぽに似ている「ケサランパサラン」という植物?をよく見かけます。
でも実は珍しいみたいで、見ると幸せになるとかどうとか。
ほんと、普通によく見かけるんですけど。

_DSC0034

今度見かけたらとりあえず撮っておこうかな。
なんて思っていると出会えないのかもしれませんね。

 


【横浜】多重露光ワークショップ (定員まであと3名となっています)

 

Continue Reading
1 2 3 21