どーしてもうたんや、おいー!


_DSC3383al

絞り開放で子供を撮影する方法その1は、『何かに集中させること』です(笑)。AFの追尾などもありますが、なんやかんやで確実性を考えると被写体が静止していることが一番。だから『動かさない方法』を考えるんですね。もはやカメラの腕は関係ありません(笑)。

もちろんそれだけじゃダメ、というか腕も磨けないです。だから、マニュアルフォーカスに切り替える。子供の動きを予想してピントを合わせておき、そこに来た瞬間に撮る。など、自分なりに工夫もしていきます。アナログ人間なので、なるべく機械に撮ってもらわないようにしたいのです。

プロなので、もちろんピント以外でも考えることはたくさんあります。水平、構図、背景、光の向きなど大切なことはたくさんあります。撮って出しを目指していますが、RAW現像でそれをより良くもします。
『ここでこのアングルで撮れば良さそうだな』、と。それを瞬時に見極める能力も大切ですね。だから写真の知識だけではなくて、感性や経験値が必要です。

子供を撮る時はカメラ目線をしてもらったり、笑わせたり出来ればいいですね。

ちなみに、デジタルよりもフィルム派の娘。フィルムだとカメラに向かって笑顔やポーズもくれますが、デジタルだと「ニコってしてー」って言うとなぜか超絶大根役者ばりの作り笑顔になります。
フィルムだと自然にやってくれるのに、「どーしてもうたんや、おい!」

_DSC3389

 

Continue Reading

娘にとっての『デジタルとフィルムの違い』


_DSC3211l

久しぶりにデジタルで娘撮影。大きくなって外でたくさん遊ぶようになったこともあって、最近はもっぱらフィルムでの撮影でした。

相変わらず動き回る娘の撮影は難しいです。望遠レンズで開放気味に撮るとピント合わせが大変ですね。今回はやけにズレを感じたので、もしかするとピントズレが出て来たのか、ただ腕が鈍ってるのか。とりあえずメーカーに出すか、一度チェック&調整しないとダメかもしれません。

ちなみに、なぜかフィルムで撮る時はやたらポーズもしてくれるので、僕にとってはフィルムの方が簡単だったりします。

_DSC3213l

望遠といってもそんな遠い距離でもないんですけどね〜。だから当然僕とカメラの存在には気付いてます。でも、カメラ目線もなければ顔も真顔(笑)。

ちなみにフィルムのパトローネを見ると、「フィルム!」「パパの大事なもの!」という認識はあります。いまの日本の二歳児でフィルムを知ってる子はどれくらいいるんだろうな。娘のお友達は当然知らなくて。それを説明するのがめっちゃ難しいです。

 

Continue Reading

『HILLVALE SUNNY 16 ISO400』 で一人フィルムスワップ


000723290019

万博公園でのフィルムスワップワークショップ、木曜日の部は久しぶりの晴天に恵まれました。ま、これも延期日なんですけどね(笑)。台風の影響で大木が倒れていて、立ち入り禁止エリアが盛りだくさん。台風にやられた10月でした。

てことで、参加者の方には僕が撮って来たフィルムを渡して、僕は今回も一人フィルムスワップしてます。今回は下地をしっかり作っていきました。この写真は二回目を撮影する時にレンズを半分隠しています。

「HILLVALE SUNNY 16」という最近販売されはじめたフィルムで撮りましたが、なかなか良さげです。もう少し試してみたいです。

 

さて、今週は木曜日から東京に。
11/3(金)より、鴬谷の「気持ち太極拳・維新街文化堂」にて展示がスタートします。→詳細
夕方からは『高感度フィルムで撮る谷中銀座』のワークショップ。
11/4(土)は『期限切れフィルムで撮る谷中』。
11/5(日)は『オリジナルフィルムの「70’s SUMMER」or「Deep color」を使用して谷中を撮影』となっています。
「70’s SUMMER」は3日のワークショップでも使用は可能です。5日はキャンセル待ちの方がいますが、3日はガラ空きなので(笑)、このフィルムが気になる方はぜひ!

ワークショップの詳細・お申込みはコチラより。

 

てことで、東京に行ってきます!!ってワープ出来たらいいのになぁ。

000723290018

 

Continue Reading

いつか話せる日がくるわ


_DSC2532

幼稚園の年少さんよりも一年早い二歳児のクラスですが、とにかくウイルスをもらいまくってきます。元気いっぱいの時は上機嫌なんですが、熱や鼻や咳など、不快な部分が出てくるとご機嫌も斜めになっていきます。
僕は自宅兼事務所なので、どうしても子供と接する時間は普通の父親よりも長くなるし、集中出来る深夜に仕事を回すことが多く、不摂生で睡眠不足の日も多いです。結果、しっかりとウイルスを貰います。

すでに子供が大きくなった方にそんな話をすると、口を揃えたように言います。遠い目で言います。

「そんな時代もあったね」と。

誰もが通る道なんですね。真っ只中の時は、ただただ夢中で駆け抜けるしかないという感じなんですね、きっと。

自宅で出来る仕事なら体調不良でも大丈夫ですが、ワークショップなどになると体力と精神力を使います。撮影は基本的には外なので天気との戦いもあります。家に帰れば癒しの我が子に会えるのですが、ウイルスとの戦いもあります。

この世に生まれ落ちてまだ3年も経っていません。いまはまだ未知のウイルスに抵抗出来ない身体ですが、少しずつそうやって強くなっていってくれたらいいなと思っています。

と、まぁ別に子育てに限らず、どんなことでもいつか笑って話せる日がくるんですよね。問題と向き合うことは大切ですが、10年後の自分の視点で見てみると気持ちも少し楽になるものです。

 

nisai

 

Continue Reading

写真のバランスとは


000705550001

最近のお気に入りはブロニカで撮影したものが多め。小雨の中、コンビニへお菓子を買いに行く途中です。
いいサビ具合のガードレール、傘、じめっとした空気、背景の緑、赤い雨合羽の女の子。一見アンバランスなようで絶妙なバランスではないか、と。

「ちょっとここに立ってみて!」という、たまちゃんのお父さんばりな要求にも、楽しみながらちゃんと応えてくれます。

その数日後にここを通った時も、「ここで撮ったなぁ」とか言いながらまた立ってくれます。欲を言えば「ここで撮ったね」って言って欲しい。語尾の「な」は関西弁なのかな?

話がそれましたがカメラはブロニカ、フィルムはFUJIのPROVIA400Xでクロスプロセス現像。赤〜黄色かぶりをするので、ノスタルジーさも出ます。この空気感にもマッチします。

写真を撮るときは色んなものが映り込みます。それらを組み合わせながら、バランスを取ることが大切だと思っています。

 

Continue Reading

ピッカン光漏れ


000710460004

光漏れのフィルムを作る装置、的なものを作ってみた。まだまだ改善が必要というかほぼ失敗。フィルムを送りながら、全体にほぼ均一に光を当てることなら出来そうだけど、一枚ずつにパーフォレーション(フィルムの穴)を入れるとなると、一体どーしたらええんだろう。

光漏れはもっといろいろ出来そうなジャンルなんだけどなぁ。狙いつつもランダム感を出す装置。。。
そんなこんなで来週はそんな話も踏まえながらのWSです。

 

10/9(月) 13時〜16時 【光漏れorレッドスケールフィルム制作】

【料金】 5,000円 (税込み)
料金に含まれるもの
フィルム1本+カフェのドリンク代金。

お申込みはコチラ

 

Continue Reading

当たって砕けたら組み立てる


000274730024
写真家といっても、いろんな活動があります。向き不向きや性別もあるかもしれません。何を望まれているかで考えると、家族撮影なら女性に撮ってもらいたい、ポートレートなら男性に撮られたい。ふんわりなのか格好良くビシっと決めたいのか、漠然とですがどんな写真を撮っているかよりも、時には性別で優先されることもあります。

万人に選ばれる写真家であることは難しいです。
その必要はないのですが欲張ってしまいます。そして全部全部となると方向性も分からなくなってしまいます。自営業、自由業、フリーランス、中身はほぼ同じなんですが、何でも屋の方は多いです(笑)。僕も写真だけではなく、そこそこいろんなことが出来ます。
ちなみに、大阪なら色々出来る人が望まれて、東京では突飛した技術がある人が望まれる、と聞いたことがあります。

 

当たって砕けたら組み立てる

僕は自分でゼロから何かを発信していくことも多いので、それだけ失敗は多いです。たとえば、教室やろうとしても人が集まらないとか。
単発のワークショップならいいんですが、長期の教室だと開催は見送ることになります。もちろん、こちら側の都合ですから申込者にはただただ申し訳ない気持ちでいっぱいです。

でも、それを恐れて『集まるかどうか分からないから出来ない、やらない』だと、結局いつまでたっても何も出来ません。

基本的に人にご迷惑をかけずに生きたい人間なので、情けないやら申し訳ないやら、いろんなダメージはあります。それでも心を決めてとりあえずやってみます。とりあえずって言い方はどうなんだ?って思われるかもしれませんが、やらなくちゃ結果なんて分かりません。

過程に意味がある

結果がダメでも次に活かせます。過程だって大切な経験です。

生意気書いていますが、全て挑戦出来ている訳ではありません。悪い結果を考えて、架空の第三者に迷惑がかかるかもしれないからって、いい子ぶってしまうことがあります(笑)。でもそれで『出来ない』というのは、半分は言い訳です。

受け身ではなく、発信する側になりたいです。別に僕や写真家を目指す方に限らず当てはまることですね。個展をやりたいけど誰も来ないかもしれない、とか心配したとことろで、やらないと分からないし、その過程にも意味はありますからね。反省点も分かれば次にいかせます。

僕個人の前に『家庭』があるので、砕ける訳にはいかないのもありますが、『やりたいこと、叶えたいことがあればやってみる』ですね。

 

Continue Reading

また夏が終わる


000699650004

夏もあっという間に過ぎましたね。関東方面の方は冷夏で夏をあまり感じないままに終わったんじゃないでしょうか?

もうここから年の瀬までは一瞬です。きっと、最低限の目標をクリアしたとしても満足感は得られないです。イレギュラー的に何かやってこそです。

真面目にコツコツやっていたら、少し何かに挑戦していたら、イレギュラーにも出会えるのかな。

とはいえ、集中力が少し低下しているなーと感じます。やる気がないわけではないんだけど、一つの作業をやり始めたのに、気が付けば違うことをやっていたりします。

TO DOリスト作るとか、時間をしっかり区切るとか、他のことはやらないってしっかり決めないとダメですね。

 

 

Continue Reading

自慢したらええやん


_DSC2451

3歳まであと3ヶ月。少しずつ良い子になっているような、いないような。
普通に会話が出来るようにはなりましたね。

子供って集中力があります。まぁ、長くはもたないけど(笑)、その目は真剣そのもの。いまは何をやっているかというと。。。

_DSC2433

パズルです。うちの子は天才なので、80ピースも1人で出来ます。

対象年齢は5歳以上だったので、2歳でどれくらい出来るものなのか知恵袋とかで見てみると(笑)、残念ながら好きな子は結構出来るみたいですね。そして、さり気なく自分の子供を自慢している回答がめっちゃたくさん出てきます(笑)。
「うちの子は100ピースくらいは簡単に出来ますよ。他にもこんなことが出来ます。周りの子は出来ないみたい。自慢とかじゃないですけどね。うふっ」って、、、

自慢しとるやないかい!って思っちゃうわけですよ。いや、うふっとまでは言ってないですけどね。想像出来ちゃうのですよ。

さり気ない遠回しが一番やらしいわ、って思っちゃうひねくれた人間もいるんですよ、ココに。

_DSC2457

てことで、うちの子は自慢だけど天才だからこれくらい一人で出来ます(笑)。時間は10分くらいかな。アンパンマンの64ピースは集中力を発揮すれば5〜6分ほどで完成させます。

ほら、なんせ天才ですから。

_DSC2435

カメラマンの娘ということで、撮られるという意識もあるので、パズルしながらもポーズは忘れません。

と、遠回しに自慢ではなく、これくらい堂々と自慢してウザがられるパパを目指します。

 


 

Continue Reading

ナチュラルな光漏れ


000687710031

ナチュラルに起こる光漏れ。感光しているのが右側で良かった。
田舎なので子供と散歩がてら田んぼで撮ることが多いです。先日、近くの田んぼ道を通ったらくしゃみが出まくって、目が真っ赤になりました。あ、僕がですが。稲のアレルギーですね。

近道しようと草が生い茂った所を通ったし、目をこすったかもしれない。年々アレルギー症状に弱くなってるし、子供の風邪もバンバンにうつるようになってきたから気をつけねば。

000687710011

 

Continue Reading
1 2 3 18