【大阪】2018年初心者向けのフィルムワークショップ(月・水・金・土曜)


nagoyaf04あと20日で今年もおしまい。2018年上半期はもっとフィルムを広げていきたいと思っています。そんな楽しさや魅力を伝えたいので、月・水・金・土曜日も1〜3月までは毎月開催。
初心者向けのクラスとなりますので、フィルムに興味がある方はぜひご参加下さい。 少人数での開催、カメラ付きの回もありますので、フィルムを触ったことがない方もお気軽にご参加下さい。 参加者が一名でも開催しますよ(笑)。

000000000014
【日時と内容】13時〜16時での開催

月曜クラス

・1/15(月) フィルムカメラをはじめよう(カメラ付き)
・2/12(月祝) フィルムシャッフル
・3/19(木) 期限切れフィルムを使ってみよう

 

水曜クラス

・1/17(水) はじめてのモノクロ(カメラ付き)
・2/14(水) フィルムシャッフル
・3/21(水祝) 期限切れフィルムを使ってみよう

 

金曜クラス

・1/19(金) フィルムカメラをはじめよう(カメラ付き)
・2/16(金) フィルムシャッフル
・3/23(金) 期限切れフィルムを使ってみよう

 

土曜クラス

・1/20(土) フィルムカメラをはじめよう(カメラ付き)
・2/17(土) フィルムシャッフル
・3/24(土) 期限切れフィルムを使ってみよう


それぞれのサンプル写真・詳細


000277720004
【料金】

 5,000円 (税込み)

【料金に含まれるもの】
フィルム1本+カフェのドリンク代金(カフェで講座の時のみ)。

* 一日だけの参加も可能です。
* ワークショップの内容に合ったフィルム1本をプレゼントします。
* 講座は貸し教室やカフェなどになります。カフェの際はドリンク料金は無料。
* 35mm使用のフィルムカメラ必須となります。
* レンタルカメラ(LOMO LC-Aなど)希望の方は+500円 (撮影中に落下などで故障した際の保障込み) 
* 基本的には雨天決行です(台風などの際は中止)。
 
【キャンセル料金】
当日:全額
1日前〜4日前まで:半額
それ以前は無料となります。
 
【講座・撮影場所 】
毎回、場所は月によって変更しますので、参加者に別途ご連絡いたします。
*募集人数が1名のみでも開催します。

*サンプル写真やそれぞれの詳細などは以下の【お申込みページ】より

 

onomiti-2

 

 

Continue Reading

【大阪】2018年ワークショップ(日曜・木曜)


suihei022018年も引き続き、大阪にてフィルムカメラワークショップ(日曜木曜クラス)を開催します。写真をもっと楽しく、世界を広げて意識的に撮っていく為のワークショップになります。
初心者の方も参加可能ですが、中級〜上級者向けの回もあります。期間は2018年の1月〜6月まで、月ごとに様々な内容をご用意しています。一度だけのご参加も可能です。

モノクロや極端な条件での撮影を主に企画しているので、写真の幅を広げながらも、今後は自分らしさや意識的な撮影に活かして頂ける内容となっています。

320005

【日時】全て13時〜16時での開催

□日曜クラス
・1/21(日) 捨てることから広がる世界
・2/18(日) 超高感度モノクロフィルムを使ってみよう
・3/18(日 )超低感度モノクロフィルムを使ってみよう
・4/15(日) 超ノスタルジーに撮れるモノクロフィルムを使ってみよう
・5/20(日) 超個性的なネガフィルムを使ってみよう
・6/17(日) 総括・写真で表現するということは?
詳細・お申込み

□木曜クラス
・1/18(木) はじめてのモノクロ(カメラ付き)
・2/15(木) 超高感度モノクロフィルムを使ってみよう
・3/22(木 )超低感度モノクロフィルムを使ってみよう
・4/5(木) 桜の撮り方とオススメのフィルム
・5/17(木) 超個性的なネガフィルムを使ってみよう
・6/21(木) 光漏れorレッドスケールフィルム制作
詳細・お申込み

 

【料金】

 5,000円 (税込み)

【料金に含まれるもの】
フィルム1本+カフェのドリンク代金(カフェで講座の時のみ)。

* 一日だけの参加も可能です。
* ワークショップの内容に合ったフィルム1本をプレゼントします。
* 講座は貸し教室やカフェになります。カフェの際はドリンク料金は無料。
* 35mm使用のフィルムカメラ必須となります。
* レンタルカメラ(LOMO LC-Aなど)希望の方は+500円
 (撮影中に落下などで故障した際の保障込み) 
* 基本的には雨天決行です(台風・大雨や暴風などの際は中止・延期)。
 
【キャンセル料金】
1日前〜当日:全額
2日前〜7日前まで:半額
それ以前は無料となります。
*キャンセル料全額の際はフィルムと資料を郵送します
 
【講座・撮影場所 】
毎回、場所は月によって変更しますので、参加者に別途ご連絡いたします。
*募集人数は3〜10名になります(月によって少し変動あり)。

 

000306580001
 

Continue Reading

光漏れ?「KONO!dubblefilm SUNSTROKE EDITION」の試し撮り


000739400019

ランダムに光漏れのような効果が出るフィルムです。KONO!というブランドですが、Revologみたいに自作したものみたいですね。光漏れは好きなんですが、赤が強く入るだけで僕的には物足りない、というかわざとらしい感じでした。

000739400023

赤が入る位置はランダムです。当然、場所的に入らない方が良かったのにって写真もあります。夜の撮影に使ってみても良さそうですが、24枚撮りで1,500円くらいしたのでもう買わないかなぁ。うーーん。

000739400020

でも、普通の写真にスパイスを!って意味では使えますね。ハマるかハマらないかはありますが。この写真は落ち葉と赤がガッツリ重なってないから良かったですが、博打要素はありますね。

自分で制作した光漏れは大失敗がよくありますが、そういう意味ではこちらはそれはないので有り難いですけどね。
後は、「KONO!dubblefilm SUNSTROKE EDITION」って名前が長い。

 

 

Continue Reading

【大阪WS】カモメと観覧車の多重露光を撮ってみよう!


000414530026今月の目標は来年の計画をしっかりと立てること。やりたいことはある程度決まっているので、日程をどう調整していくか。と、その前に。今年最後にもう一つやります。
12/29(金)に一日ワークショップやります。午前中の10時〜17時までの長時間開催。少し前にここで書いたぶっとおしワークショップのミニ版ですね。

m_14
内容は僕の得意とする『カモメと観覧車』の多重露光になります。撮影のコツをレクチャー、天保山で観覧車を撮影、大和川でカモメを撮影します。フィルムもこちらで準備します。天保山〜大和川の移動は車の予定です。時間によって途中で寄り道しながら撮影もします。
多重WSは何度かやったことがありますが、中でもカモメ+αは多重の中でもかなり格好いい、インパクト大の写真が撮れます。それを一日でやっちゃおう、今回の内容をいろいろ応用していって下さい、というワークショップになります。

kamome00
【日時】12
/29(金) 10時〜17時(終了時間は30分ほど前後します) 

【料金】 8,500円 (税込み) 

【料金に含まれるもの】
・コダックの生産終了リバーサルフィルム1本
・ネガフィルム1本
・カモメの餌(笑)
 
*募集人数は2〜5名(1名の際は開催を見送ります)
*雨の際は予備日の12/30(土)に一日ズラします
*30日に変更になったら参加したいという方のお申込みも可能です
 
【キャンセル料金】
当日:全額
1日前〜3日前まで:半額
それ以前は無料となります。
 
【集合場所 】
 天保山(詳細は参加者にご連絡いたします)

 

onomiti-2

 

Continue Reading

写真の奥深さ


000184750008

最近あまり撮らなくなった観覧車。撮りまくっていた時期と比べての話だし、簡単に行ける場所は行き尽くしたのもあります。それでも、僕にとっては相変わらず魅力的な被写体です。

中でも魅力的だったのはこの巨大な廃観覧車。今は無きです。珍しくフィルム一眼で長時間露光しています。
月明かりしかなく、肉眼では観覧車はほぼ見えないんですが、目に見えないものを撮ることが出来るって写真はやっぱり奥深いですよね。

 

Continue Reading

真実と過去の時間帯


000723300024l

教室やワークショップが終わる頃の時間帯。日が傾いて影が伸びる、夕暮れの少し前が好きです。

それまでは均等に当たっていた光が、被写体の別の姿を映し出します。何気ない風景が突如輝き出す、みたいな。
いろいろ撮影して来た後でも、一番テンションが上がります。

写真をやめたいと思ったことはないですが、写真をやめたら何が出来るか考えることはあります。それなりに何でも屋みたいなことをやってきてますが、プロと比べると雲泥の差かもしれない。
結論は『やっぱり誇れるのは写真だけやな』です。取り上げられたらチーンです。

絵を描くことや文章を書くことは好きだから、そっち方面でも何か出来ればいいなぁと思っていたりもします。写真をはじめる前はむしろそちら側でした。
写真って、たとえ多重露光しても撮影するものは『真実』だけど、絵や文章は『架空』の世界を創り出せるから、羨ましく思うことがあります。

せめてもの抵抗かもしれないけど、写真の中には物語を詰め込むことを心掛けています。見てくれた方が前後を想像したくなるようなものを撮ろう、と。

夕暮れの少し前の時間帯って僕にとって『真実』がちょっとだけ歪められる気がします。
『未来的な架空』というよりは、『過去の想い出』ですけどね。

 

Continue Reading

どーしてもうたんや、おいー!


_DSC3383al

絞り開放で子供を撮影する方法その1は、『何かに集中させること』です(笑)。AFの追尾などもありますが、なんやかんやで確実性を考えると被写体が静止していることが一番。だから『動かさない方法』を考えるんですね。もはやカメラの腕は関係ありません(笑)。

もちろんそれだけじゃダメ、というか腕も磨けないです。だから、マニュアルフォーカスに切り替える。子供の動きを予想してピントを合わせておき、そこに来た瞬間に撮る。など、自分なりに工夫もしていきます。アナログ人間なので、なるべく機械に撮ってもらわないようにしたいのです。

プロなので、もちろんピント以外でも考えることはたくさんあります。水平、構図、背景、光の向きなど大切なことはたくさんあります。撮って出しを目指していますが、RAW現像でそれをより良くもします。
『ここでこのアングルで撮れば良さそうだな』、と。それを瞬時に見極める能力も大切ですね。だから写真の知識だけではなくて、感性や経験値が必要です。

子供を撮る時はカメラ目線をしてもらったり、笑わせたり出来ればいいですね。

ちなみに、デジタルよりもフィルム派の娘。フィルムだとカメラに向かって笑顔やポーズもくれますが、デジタルだと「ニコってしてー」って言うとなぜか超絶大根役者ばりの作り笑顔になります。
フィルムだと自然にやってくれるのに、「どーしてもうたんや、おい!」

_DSC3389

 

Continue Reading

『HILLVALE SUNNY 16 ISO400』 で一人フィルムスワップ


000723290019

万博公園でのフィルムスワップワークショップ、木曜日の部は久しぶりの晴天に恵まれました。ま、これも延期日なんですけどね(笑)。台風の影響で大木が倒れていて、立ち入り禁止エリアが盛りだくさん。台風にやられた10月でした。

てことで、参加者の方には僕が撮って来たフィルムを渡して、僕は今回も一人フィルムスワップしてます。今回は下地をしっかり作っていきました。この写真は二回目を撮影する時にレンズを半分隠しています。

「HILLVALE SUNNY 16」という最近販売されはじめたフィルムで撮りましたが、なかなか良さげです。もう少し試してみたいです。

 

さて、今週は木曜日から東京に。
11/3(金)より、鴬谷の「気持ち太極拳・維新街文化堂」にて展示がスタートします。→詳細
夕方からは『高感度フィルムで撮る谷中銀座』のワークショップ。
11/4(土)は『期限切れフィルムで撮る谷中』。
11/5(日)は『オリジナルフィルムの「70’s SUMMER」or「Deep color」を使用して谷中を撮影』となっています。
「70’s SUMMER」は3日のワークショップでも使用は可能です。5日はキャンセル待ちの方がいますが、3日はガラ空きなので(笑)、このフィルムが気になる方はぜひ!

ワークショップの詳細・お申込みはコチラより。

 

てことで、東京に行ってきます!!ってワープ出来たらいいのになぁ。

000723290018

 

Continue Reading

写真を続けることで分かる「価値」


000109300024

随分昔に撮った多重露光。いま見るとなかなか面白いなぁーと。写真って撮った瞬間や、出来上がった後だけではなくって、年数が経ってこそ価値が出てくるものだと思います。

単純に、出来上がりを見て舞い上がることはあるけど、一年後には飽きてしまう写真だってあります。でもほんとにいい写真ってずっーーと飽きません。
いい写真の定義は難しいし、人それぞれ違いますけどね。いいものはいい!です。

家族写真とかも、その瞬間ではなくって年月が経つほど貴重になってきますよね。子供の写真だったらこんな小さい頃あったなーとか、その成長が分かります。

ちなみに、いい写真と書いたけど、別にそれが失敗だっていいんです。その背景とか過程とかいろんなものが詰まっているはずです。大雨のなか苦労して撮影したけど、ほぼ全滅だったとか。それも時が過ぎれば自分にとっては価値のあるものになると思っています。

だからこそ、ずーーっと続けることが大切ですよね。

 

□ 東京
・11/3(金) 「高感度フィルム」で夜の谷中銀座 
・11/4(土) 「期限切れフィルム」で谷中散策 
・11/5(日) 「70’s SUMMER」or「Deep color100」(キャンセル待ち)

□ 大阪
・10/26(木) 雨樹一期とフィルムスワップ (万博記念公園)
・10/29(日) フィルムで操る色彩(神戸異人館) 台風待ち
・11/16(木) カメラシャッフル(中之島バラ園)
・11/19(日) カメラシャッフル(中之島バラ園)
・12/21(木) 被写体の捉え方
・12/17(日) 被写体の捉え方

詳細・申込みページ
http://amaki15.photo/ws.html

 

Continue Reading

instax mini 90の撮影方法


007-768x498トイラボさんのHPで連載中のコラム。第68回はフィルムだけど、同じククリではない(僕の中では)、チェキのコラムになります。

フィルムもじわじわきてますが、チェキは流行っていますね。新機種がどんどん出ています。加工後にフィルムを出せるものもあり、今時というのかなぁ、遊び心がありますね。フィルム好きとしては失敗が出来ないところが魅力的なんですけどね。

SX-70はフィルムも高くって。「一枚300円!失敗しても300円!!」とか思いながら撮影していました。あのドキドキ感がいいのになーって。

がっつりフィルムの僕は、普段チェキをあまり使わないんだけど、一台くらいは持っていてもいいというカメラです。
http://cafe.toylab.jp/column/amaki15/15249/

 

Continue Reading
1 2 3 17