; が抜けていただけのどうでもいい話


_DSC4201

今月中にいろいろとやることが詰まっているのですが、HPの制作もその一つ。
ずっと触り続けていないと細かい部分って忘れちゃいますよね。サクサク進むこともあれば、全く進まない時もあります。

WordPressの新着記事一覧をHP内に埋め込むのに丸一日かかっちゃいました。htmlでphpを動かすためにいろいろと試行錯誤。index.html内にいろいろ書くのですが、うまく表示されない。
「.htaccess」を設置してもダメ。いつも忘れがちなパーミッションも「604」で合っている。
ダメダメだーって思っていたら、index.htmlのトップに記述しておく、

<?php require_once(‘./○○○○/wp-load.php’); ?>

の赤い色の部分の ; が抜けていただけでした。もーこんなの見えないわ。日々勉強ですね〜。

とまー、意味不明なことを書いているかと思いますが、自分の為のメモです。
いろんなサイトを参考にさせてもらいました。
逆に考えると、困っている方もたくさんいそうだし今度その方法を書いてみようかな。

 

 

Continue Reading

「ルイーダの酒場」のような楽しさ


000566640003

昨日に続き、『Retina』試し撮りの連続投稿。いいなー、このカメラ。カモメも鮮明。空のグラデーションもめっちゃなめらか。すごいクリアーな写真。でもデジタルっぽくはない。

せっかくのカモメフィーバーだったのに、ついついお手軽に撮れるLC-Aばかりで撮ってしまっていた。

000566640029

バルブ撮影も出来るのでやってみました。といっても長時間露光ではなくて、1秒〜2秒くらいかな。
パソコンラックにカメラを載せてピントを合わせて。「クミン、動くなよー」と言いながら撮影。キレイに撮れてる。

*バルブ撮影とは、シャッター押している間、ずっとシャッター窓が開きっぱなしになる撮影方法です。

_dsc3208
いつも撮影に行く時は、LC-Aは必ず持って行きますが、あと二、三台くらいは鞄に入れてます。
LC-AとHORIZONとLubitelとか、LC-AとLC-AとLubitelとか、たまにNATURA CLASSICAやHOLGAもあります。

撮影前日は、ドラクエ3のルイーダの酒場のように、ズラッと並んだカメラを見ながらどいつを連れて行こうかと悩みます。楽しい瞬間ですよね。マニアックですよね。

ちなみに僕はドラクエだと『勇者・戦士・武道家・魔法使い』です。攻撃特化です。回復してくれる人いないからすぐ死にます。
カメラだと目測ピントのLC-Aやフルマニュアルカメラって攻撃っぽいですよね。
逆に守りがデジタルとかオートフォーカスのあるカメラになりますかね。

ま、たとえが無理矢理だけど、そこにレチナちゃんも飛び込みました!

フィルムトイカメラ教室の初回は10種類くらいのカメラを持参して、それぞれのサンプル写真を見せながら特徴を説明するのですが、この子も連れて行こうかな。
カメラ10台、初回は鞄がめちゃくちゃ重いです。

*申込者にはご連絡済みです。メールが届いてない方はコメント欄かFacebookよりご連絡下さいませ。


 

Continue Reading

東福寺の臥雲橋から通天橋の景色


000376980001
今年からここでの撮影が禁止されるようになりましたね。これを撮影したのは数年前。カメラはLC-Aです。時間が空いたから少し寄って撮影しました。紅葉では有名な撮影スポットだったんですね。確かに人が多かったので、歩きながら撮りました。

そんなせっかくの撮影スポットなのに、それが禁止ってのもなぁーと思いますが、これもまたマナー悪い人が増えた結果なんでしょうね。

000376980015

ニュースで見たけど、『みんな撮ってるから撮っちゃえーっって人もたくさんいました。
写真好きが増えたから必然的にマナー違反が増えたというのもあるけど、スマホなどでカメラが身近になっただけで、きっと年代は関係ないんですよね。

この先も、撮影禁止エリアがどんどん増えそうです。
僕は人が集まる所はあまり行きませんが、カメラを持っているだけでそういう目で見られちゃいますからね〜。

 

Continue Reading

『写真が上達したなー』と思える写真


000557730004

あくまで自分の中では、ですが。
特に構図に奇をてらったりもせず、被写体にこだわらず、そこの光と空気感だけをおさめる。昔の写真にはこういうのがなかったんですよね。人とは違う目線、視点、色にもこだわっていましたから。

いつかトイラボさんのコラムでも『正面から撮ると良い』と書きましたが、こういう写真が自然と増えてきたなぁって。

で、「あ、上達したかも」って。

撮り続けている限り誰だって上達はしていきますよね。ただ、それはやり始めた頃よりも緩やかになっていく。
だから、いろんな撮り方をして、カメラやフィルムを使って、勉強したり、失敗したり、実験したり、比べたり、工夫する。
それが全部肥やしになって、いろんな写真が撮れるようになって、自分だけの世界観がより構築されていくものだと思っています。

やっぱりどんなことでも上手くなるのは時間がかかりますよね。
もっともっと、一途にやっていかなくちゃなぁ。


 

Continue Reading

自分が変わることで訪れること


000539520037
2年前と今の自分を比べると随分変わったなと思う。根元の性格はそんな変わってはいないけど、物事の捉え方や仕事のスタイルは違っているなって。子供が生まれたというのも大きな要因ですね。

 

変わりたくないっていうのは、その場所を守りたいから。

変わることを嫌う人がいます。自分に対してではなくって、周りに対してもそう。
それは現状が気に入っているからです。
類は友を呼ぶと言いますが、いま身近にいる人とはどこか似ています。一緒にいて落ち着くんですね。
いろんな性格はありますが、たとえば幸福度にも大きな違いはありません。ポジティブ過ぎる人がネガティブ過ぎる人とお酒飲みませんよね。その差があり過ぎると、ちょっとしんどいです。
収入面でも大きな違いはありません。よく会っている5人の年収の平均がほぼ自分の年収になる、らしいです。気軽に年収なんて聞けないし試せたことはないけど(笑)、まぁ仮に自分の年収は500万だけどいつも会う4人は1億オーバーなんだって方はそういません。
ご飯行くにしても、遊びに行くにしても、やっぱり同じではありませんよね。

分かりやすく金銭面を出しましたが。同じ趣味だった友人が、別のことに興味を持つことも変化ですよね。

 

自分が変わることで訪れること

「2年前と変わった」と書きましたが、別にいろんな関係を切断して来たとかはありません。視野を広げたというか、柔軟になった感じですね。撮ってる写真も少し違います。教室やワークショップや個人レッスンのお陰で出会いはかなり増えました。

何が言いたいかっていうと。

人の出会いは不思議で、自分が変わることで離れていく人がいたとしても、新しく出来たスペースに入ってくる人がいます。
「在り方」が変わることで、ずっと繋がりたかった方と繋がることもあります。

だから変化って悪くない。そしてきっと、その場所は居心地の良い場所になります。

000539520038


 

Continue Reading

光と影と撮影テンション


000510780033
撮影に行く時は真っ昼間が多いのですが、日が落ちて影が伸びる時間に一番テンションがあがります。みんなはお腹も減って、明日の仕事も考えて、そろそろ帰りたくなる時間かもしれませんね。

暑さも少しマシになって、もう9月の中旬。日が落ちるのも早くなって、すっかり秋の空になってきました。

今年もなんやかんやで後少し。ここから早いんですよね。まだ来年の目標は決まってないですが、大阪でフィルムトイカメラ教室(四期生)を開講したいとは思っています。
それに先駆けて、10/16に大阪では久しぶりのワークショップも開催します。もちろん現在の教室や個人レッスンの生徒さんのご参加も歓迎です。
明日には告知出来るかなー。

000510780032

一枚目の写真の横からの位置です。
バス停の一部分だけ、ちょうど人の影が見えるんですよね〜。それを見つけて、「これは!」と思い、正面からも撮りました。
こういう何気ない風景(時間)って、LC-Aだからこそ撮りたくなるんですよね。

 


csa

 

Continue Reading

撮影する時に心掛けていること


006
大切なものは目に見えません。いつも隠れてしまうもの。

写真は見た目が全てかもしれないけど、目に飛び込んできた後に、心に広がる感覚ってあると思います。
それは受け取る側によって変わるだろうし、それを言葉にするには難しいかもしれません。

 

『なんかいい!』はめっちゃいい!

キレイな写真は世の中にいくらでもあるけど、『+の何か』を感じる写真はそんなに多くありません。

+の何かとは撮影者が写真に乗せた感情です。
写真を撮る時って、心が動いたからですよね。

では、なぜそれを撮ったのか?

その理由を言えるようになりなさい、という写真の先生がいるかもしれません。でもその理由の前に、きっと感覚が先に来ると思います。「あ、なんかいい」ってやつが。

そこで、先に理由付けをしてしまうと、その『なんかいい』という間隔を遠ざけてしまうのではと思っています。
ていうより、理由から入ると撮らなくなるかもしれない。
極端なたとえですが、感覚100%で生きている人なら、その理由を言葉にして説明するのが苦手なはず。だから理由→撮影という流れは相応しくないです。

いいなと思った瞬間にシャッターを切れる瞬発力の方が大切です。

 

右脳と左脳をバランス良く使う

とはいえ僕は感覚重視の天才肌ではなくて、論理的な人間。何かをデータ化することも好きです。
そのデータを元に、この被写体、この天気ならこのフィルムがいいな!いう感じで撮影しています。

感覚と論理、つまり右脳と左脳です。
論理だけだと、ただのキレイな写真で終わってしまう。

感情が先に動いて、その後に知識や経験やセンスが求められるものだと。

 

…という。あくまでただの僕の考えですが、そのバランスを保つことを心掛けています。

 

000346020011

 

 

カメラの個人レッスン

deziko

toylesson

1dayt

Continue Reading

写真はあえて足し算


000444550021

この写真を見たとき、昔の自分っぽい切り取り方だなって思った。
今ならこの花壇の石の部分を見せないように撮っている気がする。

写真は引き算と言われている。でも引き過ぎてもつまらない。引く前の構図って一番個性が出ている。
…ような気がする。

引いた写真は洗礼されてるけど、日常的ではなくなっていく。

最近は被写体を引きながら見ているので、たまには足してみようかな。

 


 

Continue Reading

LOVE LOVE LOVE


heart

2011年に名古屋のカメラ教室グループ展で作ったDM。実際にはここにタイトルとか入れたんだったかな。写真で作ったハートですね。

パソコンで作業する時は、音楽かけたり、YouTubeでお笑い見たり、huluでドラマやアニメを見てます。
ドラマやアニメは全く真剣に見てるわけじゃないので、内容は全く入って来ない。ほんとかかっているだけ。

とりあえずテレビ付ける癖があるから、見る見ない関係なく何かしらの音が欲しいんだと思う。

いまは、18年前のドラマ「愛してると言ってくれ」が、モニターの端っこで小さく表示されている。舞台は井の頭公園。昨年、そこでワークショップをしたからちょっと見たくなった。いや、ほんと内容は入って来ないんけど。

000324430002

とりあえず、豊川悦司がめっちゃ美男子。常磐貴子も可愛い(今もキレイだけど)。そして『LOVE LOVE LOVE』は名曲。あと、若い子は知らないだろうけど、鈴木蘭々が出てた。携帯どころかポケベルもない。

ストーリーは聴覚を失ったトヨエツと常盤貴子の恋愛ドラマ。電話で話せないし、メールもないから、FAXを使ってた。こういうアナログさは好き。
当時これを生で見ていたピュアボーイの僕は、ドラマのタイトル通りの台詞が出て来た時、鳥肌がたった、ような記憶がある。

ちなみに古いドラマでは、「振り返れば奴がいる」「お金がない」「恋ノチカラ」が好き。

000324440022


 

Continue Reading

写真家のアドレナリン


000054250016

結局、家の近辺はほとんど雪が降らず。当然積もらず。
被害がなにもなかったのはいいことなんだけど、娘に初雪を体験させてあげたいなーって思っていたので、ちょっと残念。

てことで、雪の写真は撮れなかったので、数年前に積もった時に撮った写真を。

000054250020

雪の中の撮影はさすがに辛いけど、テンションは高いので耐えられる。
大袈裟だけど、写真家のアドレナリン?

娘に雪を見せれるのはまた来年かなー。


 

 

Continue Reading