ゆるふわレッスンの一枚


000719780003

今や貴重なタングステンフィルムです。もう我が家の在庫も数えるほどになってしまって、手放すのがだんだん惜しくなってきました(笑)。惜しみなく使いたいなぁ。

白飛びするかしないかの微妙なラインで撮影したいけど、マニュアルカメラで曇天の時はそのギリギリを狙うのが難しいです。

思いっ切り飛んじゃっているのが好きな人もいるし、それは完全なる失敗だと言う人もいますよね。僕は明るめに撮ることが多いですが、被写体はハッキリ見せつつも、そのギリギリラインが好きかな。

000719780015

 

Continue Reading

【東京】レンタルボックス展「パラレル宝箱」


_DSC2973mozi11/3(金)より、鶯谷にあるレンタルボックスギャラリー「気持ち太極拳・繊維街文化堂」オープン記念として、約一ヶ月間の展示がスタートします。同時に3〜5日はその最寄りでもある谷中にてワークショップを開催(→WS詳細)。

5つのボックス内にて、5つの世界、多重露光・ノスタルジー・花・猫・ゆるふわ(真四角)を創り出します。壁面にも少し展示を致します。

_DSC3064ボックス内は平面的な展示ではなく立体的にしたいので、バックハンガーやコンパクトミラー、ブローチなどのオリジナルグッズ。その他、パトローネキーホルダー、写真をプリントした革に張り替え済みのLOMO LC-A(革のみの販売も予定)など、平面以外でも堪能して頂けるかと思います。
今回はレンタルボックスということで、全て販売作品となります。その場でお持ち帰り頂ける一点物が盛りだくさん。ぜひお早めに◎

_DSC2996

少しシワのある合皮に印刷しています。LC-Aで全5種類。ニャンコ柄、意外と可愛く出来ました。

 

【日程】
11/3(木)〜11/30(木) 13:00〜18:00 火・水定休日
*入場無料

気持ち太極拳のアクセスはコチラより。→GoogleMAP
*郵便局の前、美容室の隣。「もしかしてここ?」ってビルの二階です。細い階段を上がって右側になります。

 

_DSC3026

Continue Reading

多重露光の撮り方ド定番【花+α】


000654170018

横浜多重露光ワークショップの一枚。僕が開催しているWSの中ではちょっとベタな内容です(次回は10/14の土曜日→詳細)。36枚撮り切ってから、巻き戻して、再度36枚撮ります。

キャンセル待ちの10/15(日)のワークショップはこれの応用です。僕が36枚撮ったフィルムに、参加者が撮り重ねていく内容です。

ずっとやろうと思っていた内容なのですが、その為にそれを準備するのが超大変。同内容の10/19(木)と合わせると15本作らなくちゃいけない。とりあえず11本まで制作完了。
ちなみに僕が何を撮ったのかは内緒です。だから結果も想像出来ません。ていうか、1本目とか何を撮ったか記憶にありません(笑)。

邪道かもしれませんが、これも写真の楽しみ方ですよね。

 

Continue Reading

【大阪10/13(金)】ゆるふわ写真の撮り方(和泉リサイクル公園)


000349520004
写真に女子力があるとよく言われます。はじめは女性だと思っていましたー、とかも。

いえいえ、ただのおっさんです(笑)。

そのくせに、ちょっと可愛くハイキーに撮ることが好きです。誰かに見て貰いたくて撮っている部分もあるので、癒される、ホッとする、心がふわっとする写真がいいなぁと。
逆にインパクトのある格好いい写真も好きなのですが、このワークショップでは可愛いゆるふわ写真の撮り方に焦点を当てています。

平日の金曜日、午前中(10時〜13時)での開催になります。場所は和泉リサイクル環境公園です。ただ最寄り駅がない場所ので(笑)、電車でお越しの方は光明池駅から送迎いたします。

相性抜群のレアフィルムを一本お渡ししますが、デジタルのご持参も可能ですよ。

お申込みはコチラより。

 

Continue Reading

かつての僕の一番お気に入りフィルム


000138700010

写真にドハマりしている時の、一番お気に入りフィルム。それは富士の『PROVIA400X』です。ドハマりというより、一番撮っていた頃ですね。高いフィルムを惜しげも無く使っていました。惜しくも生産は終了したので現在は販売されていません。

9月の大阪ワークショップは参加者の人数に合わせて様々なフィルムを持って行きます。どれを使用するかは、くじ引きかじゃんけんで決定。

今回はこのPROVIA400X。そして今は無きタングステンフィルムも持って行きます。

0001507300130

この色合いはやっぱりキレイですよね。たまんない。

いつかトイラボさんのコラムでも書いたことありますが、「そんなんPhotoshopで加工したらええやん」って言う人がいるかもしれません。
いやいや、そーじゃないやろ!と。理由はたくさんありますが、簡単に言うと『これも一つのロマンだと』そう思う訳です(笑)。

 

・9/17(日) 『フィルムで操る色彩』 詳細・お申込みはコチラより
・9/21(木) 『フィルムで操る色彩』 詳細・お申込みはコチラより

その他のワークショップはコチラ

 

 

Continue Reading

BRONICA(ブロニカ)を採点してみた!


_DSC3524

ブロニカを使いはじめて8ヶ月が経ちました。僕的には「あれ?まだそんだけか」って感じです。
まだ少し先ですが、11/16と19のワークショップは『カメラシャッフル』です。僕が持っているカメラを10台くらい持って行き、それぞれの特徴や使い方をサンプル写真をお見せしながらお話します。その後、実際にカメラを選んで頂いて撮影に行きます。
こちらからどのカメラを持って行くかまだ決めていませんが、ブロニカは持っていきます(故障さえしていなければ)。カメラって使ってみてその良さに気付きます。描写もガラッと変わります。僕がフィルムカメラを好きな理由の一つです。

てことで、ブロニカちゃん。勝手ながら採点してみました。

描写 ★★★★★
画質 ★★★★☆
価格 ★★★☆☆
操作性 ★☆☆☆☆
使い心地 ★★★★★
携帯性 ☆☆☆☆☆
デザイン ★★★★☆
ファインダー ★★★★★

満足度 ★★★★☆

000654540012
とりあえず、第一印象は重たいです。気合いがないと携帯出来ません。

自分で購入したのではなく、父親の友人の母親に譲ってもらったのですが(ややこしいな)、使い方(操作性)が全く分からず数年間放置していました。マニュアルなので一枚撮るのに時間はかかります。ただ、一枚撮って巻き送りをグルグル回す時は快感だし、使い心地はいいです。

価格は3〜5万円ほど。同じような形のハッセルブラッド (Hasselblad )は10万オーバーですからね。それに比べるとお手頃です。

画質はとてもいいです。デジタルほどのパキパキ感はないですが、それがまたGOODです。

特に気に入っている部分は、ファインダーを覗く行為がめちゃくちゃ楽しいことです。無骨なボディーは格好良く、その描写には一目惚れです。

 

さーて、来週のこの時間は。
『僕の一番の相棒、LOMO LC-Aの採点』です。お楽しみに〜(なんつって)。

 

『カメラシャッフル ワークショップ』
・11/16(木) カメラシャッフル →詳細
・11/19(日) カメラシャッフル →詳細

 

Continue Reading

世界は素晴らしい


000630660007l

明るく、低彩度に、暗く、鮮やかに、格好良く、柔らかく、緩く、ノスタルジックに、光漏れをさせて、多重露光をして、トイカメラで、一眼で、デジタルで….

と、僕はいろんなカメラで様々な撮り方をしていますが、いまだに絞りきれていない部分はあります。作家的に考えると多重や光漏れを極めていくのがいいのですが、そもそも本当は一枚撮りが好きなんですよね。その場の空気感をそのまま切り取るだけでも充分に世界は素晴らしいですから。

悩んでるいるわけでもないですが、絞れていないなーと。だからこそ飽きないというのはありますけどね。写真は奥が深いのでどんどん潜ってとことん楽しみたいです。

あわよくばですが、どんな撮り方をしようと僕の写真と分かってもらえるのが理想ですね。

 

そんないろんな世界を見て頂ける展示になればと思っています。
「気持ち太極拳・繊維街文化堂」のオープン記念展『パラレル宝箱』

 

Continue Reading

フィルムカメラを始めてみたい方へ


000672640009l
地味かもしれないけどお気に入り。こういう写真ってインパクトは少ないけどあまり飽きがこないです。
フィルムが好きな理由はいくつもありますが、その中でも大きいのはフィルムを選べることです。フィルムをあまり知らない方はフィルムって一種類しかないと思いがちですが、モノクロも含めると30種類以上あります。富士フィルムやコダックやローライなど、同じブランドから数本販売されています。そしてどれを使うかで写真そのものの雰囲気はガラリと変わります。

000654480004
派手にしたいのか、ゆるふわにしたいのか、ノスタルジーにしたいのか。それをフィルムで選ぶことが出来ます。撮影場所に行ってみて、どのフィルムを使うか(どんな色味・雰囲気で撮りたいか)決める瞬間がとても楽しいです。

000654540008

大阪で毎月開催中のワークショップですが、9月はそんなフィルムの基本的な楽しみ方をお伝えします。
今回は大阪ではなく兵庫県になります。10種類ほどのフィルムの特徴をサンプル写真をお見せしながらレクチャー、その後に異国情緒漂う北野異人館街の町並みにて撮影会をいたします。

毎回マニアックな内容で開催していますが、今回はこれからフィルムをはじめたい方にもオススメのワークショップです。カメラをお持ちでない方にはレンタルも可能ですよ。

・9/17(日) 『フィルムで操る色彩』 詳細・お申込みはコチラより
・9/21(木) 『フィルムで操る色彩』 詳細・お申込みはコチラより

その他のワークショップはコチラ

 

 

Continue Reading

生き方と撮り方


_DSC2045l

今年のお気に入り蓮写真。水滴、ふんわり、優しさ。

diz02l

昨年の蓮。超広角レンズ、夕暮れ、光、ビビッド。

tl01

二年前。ふんわり、元気、ハッピー。

どれもお気に入りなんだけど、時間や天気、花びらの開き具合、きっと心境も違います。
『こんな感じで撮りたい』というのは特にありません。行ってから決めています。
いい感じで咲いている蓮を見つけて背景を決めることもあれば、先に背景(空など)を決めて、蓮を探すこともあります。目を凝らしつつも視野を広げる
生き方や考え方も同じく、必死になり過ぎず時に緩める、みたいな感じです(笑)。写真にもそういう部分は現れると思っています。

最近は教える立場になることが多いのですが、『この位置からこの設定で撮ればいい』という教え方はあまりしていません。コツや具体案は出しますが、そんな人間性という個性が表れるように自由に撮って頂きたいと思っています。

 

□ 募集中のワークショップはコチラより。
□ デジタル一眼の個人レッスンはコチラより。

 

Continue Reading

蓮と蜂


_DSC2028l

蓮の花ってめっちゃでかいですよね。葉っぱなんて赤子が乗れるサイズです。どこかのパンフレットに、『子供を乗せてみました』って書いていた記憶があります。やってみた感がすごいです。

それはさておき、蜂ではなく蛙を探してたんですけどね。まーいませんでしたよ。近所の田んぼでも探すんですけどね、最近のカエルは土色が多い気がします。
カエルは居る場所に適応して色が変わるので、蓮の葉っぱとかだと緑だし、いい被写体になってくれただろうなーと思っていたんですけどね。緑の小さいのプリーズです。

 

Continue Reading
1 2 3 16